人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年4月4日

2つの全勝対決はサントリーがクボタに勝利、神戸製鋼とパナソニックは引き分け。トップリーグ第6節のまとめ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

後半も東芝ペースで試合が進み、FLリーチ マイケル、佐々木剛らが4トライを加えた東芝が53点まで伸ばす。一方のHondaは後半、WTB尾又寛汰の1トライしか挙げることができず、東芝が53-17で快勝した。

レッドカンファレンスは第6節を終えて、サントリーが首位通過を決めた。2位にクボタ、3位にトヨタ自動車が続いており、最終節の直接対決で雌雄を決する。NTTコミュニケーションズの4位も決まった。

◆レッドカンファレンス 第6節結果

○サントリー 33-26 クボタ● MOM:ボーデン・バレット
●三菱重工相模原 29-40 トヨタ自動車○ MOM:チャーリー・ローレンス
○NTTコミュニケーションズ 40-21宗像サニックス●MOM:石井魁
●Honda 17-53 東芝○ MOM:セタ・タマニバル

◆レッドカンファレンス 順位

1位 サントリー 勝ち点29
2位 クボタ 24
3位 トヨタ自動車 24
4位 NTTコム 17
5位 東芝 11
6位 三菱重工相模原 6
7位 サニックス 5
8位 Honda 1

3日(土)、ホワイトカンファレンスでは大阪・万博記念競技場でヤマハ発動機ジュビロvs. NTTドコモレッドハリケーンズの1試合が行われた。序盤からヤマハ発動機がテンポのいい攻撃を見せて主導権を握る。

前半5分、LOヘル ウヴェ、12分にはWTBシオネ・トゥイプロトゥがトライ。15分にはFB五郎丸歩がゲインし、最後はフォローしたCTB石塚弘章がトライを挙げて19-0とリードする。20分、ようやくNTTドコモはモールからPR北島大がトライを挙げて、7-19と反撃する。しかし、ヤマハ発動機も37分、モールからPR伊藤平一郎が押さえて、26-7として前半を折り返した。

後半、先に得点を挙げたかったNTTドコモだが、6分、マカゾレ・マピンピがインテンショナル(デリバリー)ノックオンでシンビン。しかもヤマハ発動機にペナルティトライを与えてしまい、7-33と大きくリードを許す。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ