人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年3月22日

冬の「花園」を沸かせた選手たちが、春の「熊谷」に集結。全国高校選抜ラグビー大会注目選手紹介

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

3月25日(木)から31日(水)にかけて、今年も熊谷スポーツ文化公園で、22回目となる「選抜大会」こと、全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会が行われる。

当然、年末から1月にかけて「花園」こと、全国高等学校ラグビーフットボール大会で活躍した1~2年生が優勝候補、強豪チームの主力となるだろう。それでは花園で活躍し、選抜大会でも活躍が期待されている有力選手を紹介していきたい。

1年生ながら優秀選手に選ばれた桐蔭学園FB矢崎

まず、選抜大会の4連覇がかかる、昨年度の花園を制した桐蔭学園(神奈川)の選手から見ていこう。最注目のランナーは花園で1年生ながら、FB(フルバック)としてしなやかな走りでエース級の活躍を見せ、優勝に貢献したFB矢崎由高(1年)だ。

準決勝では後半だけでハットトリックを達成し、同校の先輩である日本代表FB松島幸太朗を彷彿とさせるプレーで「松島2世」の呼び声高く、大会終了後、1年生ながら3年生に交じって30名の大会優秀選手にも選ばれた逸材だ。

矢崎は大阪・吹田ラグビースクール出身で、ボールをワイドに動かす展開ラグビーが自分に合っていると桐蔭学園に進学を決めたという。予選決勝ではWTB(ウィング)としてプレーしていたが、15番をつけて花園で一気にブレイク。選抜でも1年生ながら、そのランでチームのアタックをリードするはずだ。

正確なキックが持ち味の桐蔭学園SO今野

他にも桐蔭学園には、矢崎だけでなくスピードランナーのWTB松田怜大(1年)がおり、さらに花園ではWTBとして出場していたが、選抜ではSO(スタンドオフ)としての活躍が期待される正確なプレースキックが持ち味の今野椋平(2年)もいる。神奈川県予選、関東大会が開催されなかったハンデをバネに今年も優勝を狙う。

1年生ながら準優勝に貢献した京都成章PR森山(1年)

さらに花園で初めて決勝に進出し惜しくも準優勝だった京都成章(京都)には、FB矢崎同様に、1年生ながら優秀選手に選ばれたPR(プロップ)森山飛翔がボールキャリアーとスクラムで強さを発揮するはずだ。他にも、FBでもプレーし、キックのゲームコントロールが冴えたSO大島泰真(2年)、力強いランが持ち味のWTB倉田渉(2年)がおり、選抜大会での初優勝を目指す。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ