人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年3月19日

トップチャレンジは佳境!全勝の近鉄が本拠地でコカ・コーラと激突!

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

トップリーグ(TL)の2部に相当する「トップチャレンジリーグ(TCL)」は順位決定戦に突入する。

3月20日(土)は、順位決定戦第1節の2試合が、近鉄の本拠地、東大阪市花園ラグビー場で行われる。

第1試合は清水建設×豊田自動織機。そして第2試合は、Aグループを首位通過(3戦全勝)した近鉄が、Bグループ2位(3勝1敗)だったコカ・コーラを迎え撃つ。

近鉄にとって、本拠地・花園での有観客試合は今シーズン初となる。

しかも順位決定戦の結果は、TLC上位4チーム(近鉄、豊田自動織機、清水建設、コカ・コーラ)が参加する4月17日(土)開幕のプレーオフ組分けに関わる。是が非でも勝利を掴みたいところだ。

近鉄は2017年度以来となる1部参戦を目指している。阪神地域は18年度王者の神戸製鋼に加え、今季はNTTドコモが好調だ。ここに近鉄を加えたハイレベルな三つ巴が1部リーグで実現すれば楽しみだ。

近鉄は18年より指揮官を務める有水剛志HC(ヘッドコーチ)のもと、今季リーグ戦は初戦から清水建設(70-33)、栗田工業(52-11)、釜石シーウェイブス(36-15)と3連勝。

昨年末にリコーに完封負け(0-36)を喫した練習試合から見事に立て直し、力強いプレーを見せている。セットピースは安定し、ディフェンスは堅固だ。

そして世界経験値を誇るハーフ団、SHウィル・ゲニア、SOクエイド・クーパーが躍動感溢れるアタックを演出する。豪州代表キャップ数は2人合わせて180だ。

近鉄スターティングメンバー

看板ハーフ団はコカ・コーラ戦でも先発するが、ゲーム主将は20年のサンウルブズで活躍したLOマイケル・ストーバークが務める。「トンプソン2世」と呼ばれ、日本代表入りを期待されている逸材だ。

両フランカーもトッププレイヤーだ。同志社大出身のFL野中翔平は攻守にハードワークする25歳。リーダーシップにも優れる期待のバックローワーだ。

そして7番を背負うFLジェド・ブラウン。代表歴こそないが、スーパーラグビーのクルセイダーズ、ブルーズに所属した経験を持つ30歳は、馬車馬のように働くタフガイだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ