人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年3月16日

キヤノン歓喜の今季初勝利。ヤマハ発動機のメモリアルマッチで快挙

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

トップリーグ名勝負として刻まれるべき一戦だったろう。

「トップリーグ2021」第4節、3月14日(日)にヤマハスタジアム(静岡・磐田)で開催されたヤマハ発動機(2勝1敗)×キヤノン(3敗)は大熱戦となった。

J SPORTS オンデマンド番組情報

新リーグ移行前のトップリーグとしては、ヤマハスタジアムで開催される試合は最後。

ヤマハ発動機ジュビロにとっても、また今季限りで現役引退を表明しているFB五郎丸歩にとっても、さらには早大監督就任のため最後の帯同試合となる大田尾竜彦コーチング・コーディネーターにとっても――何としても勝ちたいメモリアルマッチだった。

しかしフルタイムで歓喜したのは、開幕3連敗のキヤノンだった。

キヤノンは今季より元サントリー指揮官の沢木敬介監督が就任。キャプテンには2019年W杯日本代表のSO田村優を据え、新体制となったが、開幕から苦戦が続いた。

ヤマハ発動機がトップリーグ4強の常連である一方、キヤノンの過去最高位は15年度の6位。格上の実績を持つ相手から奪った待望の今季初勝利に、熱い涙を流す選手もいた。

「今までと変わらず良い準備ができて、80分間、全員で信じ切ってやれたので結果がついてきました」(キヤノンSO田村優キャプテン)

キヤノンは序盤からガムシャラだった。

デコイ(おとり)のランナーが愚直にポジショニングを続けながら、SO田村キャプテン、今季新加入のFB小倉順平を起点としてボールを大きく展開する。

ジェシー・クリエル(キヤノン)

キヤノンは前半3分、CTBジェシー・クリエルの突破から、最後はWTBエスピー・マレーが押し込んで先制トライ(ゴール失敗)。

PGを返されたものの2点リード(5-3)で迎えた前半21分、CTB南橋直哉が内に切れ込んでチーム2トライ目を挙げた。12-3

この2本目のトライは、相手反則からのクイックスタートが奏功し、敵陣右コーナーに侵入したことが足掛かりになった。

キヤノンはこの日、自陣深くからでもクイックスタートで常に速攻した。相手の土俵に立つ前に奇襲を仕掛ける。常に先に動くことで主導権を握る――。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ