人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年2月24日

チームの垣根を越えた仲良し対談テキ×トモ!負けず嫌いの似たもの同士!? サントリー・中村亮土選手×パナソニック・内田啓介選手の冗談と本音が交差する爆笑インタビュー!

ラグビーレポート by J SPORTS 編集部
  • Line

サントリー・中村亮土選手×パナソニック・内田啓介選手

バチバチと身体を当て、時には喧嘩のように熱い感情をぶつけ合うラグビー。
だけど試合が終わると笑顔でお互いを讃え合う―
ラグビーを初めて見る人には不思議な光景ですよね。
そんな、チームの垣根を越えて友情を結ぶ2人の選手をピックアップ。
「試合中は相手(友達)をどんな風に見ているの?」「仲良くなったきっかけは?」など、
気になる疑問に答えて貰いました。これであなたも2人の対戦を見るのが楽しみになる事間違いなし!

今回は日本代表のCTBとしても活躍するサントリーサンゴリアスキャプテン、中村亮土選手と、NZタスマンでも活躍したパナソニックワイルドナイツの名SH、内田啓介選手の2人の仲を深堀り!
大学時代から代表活動で苦楽を共にして来た2人―
負けず嫌いで似たもの同士だけど、お互いの胸には尊敬の念も。
冗談と本音を言い合える、特別な存在とは…?
※取材はリモートで別々に行いました

――2人の出会いは。

中村「U20(20歳以下日本代表)ですね。その時からずっと一緒で、最初から波長が合うというか、面白い人だなと思いました。」

内田「一番最初に会ったのはたしか高校日本代表の候補合宿とかで、一緒の部屋にはなったんですよね。でもその時は1回も喋らなくて、一番最初にしっかり絡んだのは大学2年生のU20候補合宿だったと思います。(中村選手は)身体もでかくて、これほんまに10番の身体なん?って印象でした。」

――そこから仲良くなったきかっけは。

内田「合宿進むにつれてメンバーが絞られていって、9番10番なのでポジション柄密になるというか、コンビネーション組む事も多くなって、それからずっと(仲良い)って感じですね。何で仲良くなったのか未だに分かんないですけど…皆で喋ってても気が付いたら亮土と2人で居るって感じで、同じ部屋にもなってたので自然とですかね。あいつ凄いよく喋るんで、2人でずっと喋ってる感じでした。どっか行くのも一緒だったので一緒に居すぎて怒られる事とかもあったんですけど。エディジャパンの時も僕と亮土が大学生で入れて貰ったりしてたので、エディさんからしたら『大学生同士で一緒に居るなよ』みたいになってました。もっと他の人と喋れって。僕らからしたら元々仲良いし大学生なんだから良いやん、って感じで。その時から苦楽を共にして来たって感じです。」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ