人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年2月22日

サヨナラPGでNTTドコモがキヤノンに劇的逆転勝利。TJ・ペレナラが鮮烈デビュー飾る。

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

TJ・ペレナラ

キヤノンイーグルスの沢木敬介監督と、NTTドコモレッドハリケーンズのヨハン・アッカーマンヘッドコーチ。チームの潜在力を最大限に引き出し、何より魅力的なアタッキングスタイルを作り上げることで数々の実績を残してきた新指揮官が就任した両チームの注目の一戦は、期待通りの拮抗した展開で進み、期待を上回る劇的な幕切れでスタジアムを沸かせた。

J SPORTS オンデマンド番組情報

前半主導権を握ったのは、ホームのキヤノンだった。PR東恩納寛太、HO庭井祐輔、PR船木頌介の第1列を軸にスクラムで強烈なプレッシャーをかけ、9分にはコラプシングの繰り返しでドコモPR北島大をシンビンに追い込む。17分にPGでドコモに先制を許したものの、29分に流れるようなライン攻撃から左ライン際をWTBホセア・サウマキが迫力満点のランで駆け抜け逆転。PGで1点差に詰め寄られた直後の34分には、SO田村優が鋭いランで縦に抜け出し、CTBマイケル・ボンド-CTBジェシー・クリエルとつながってインゴールへ。14-6とリードしてハーフタイムを迎えた。

もっとも、沢木監督が試合後「前半4トライくらい取れるチャンスがあったのに、しっかりフィニッシュできなかった」と振り返ったように、キヤノンにすれば得点機を仕留め切れず、安全圏まで突き放せなかったのも事実だった。そして、ともすれば大きく流れが傾きそうな場面をよくこらえ、ビハインドを8点にとどめて折り返したことで、ドコモは後半に息を吹き返した。

自陣でのディフェンスの時間をしのぎ切って迎えた後半18分。ドコモは相手の反則に乗じて敵陣22m内に攻め込み、ラックから抜け出したLO杉下暢をSHのTJ・ペレナラがフォローしてゴールラインを超える。さらに26分、今度はペレナラがペナルティからのクイックタップで突破し、FL李智栄のトライをアシスト。18-17と逆転する。

勢いに乗るドコモはなおも攻勢を緩めず、32分にFWが密集脇をしつこく前に出て相手防御の注意を内側に寄せたところで、タイミングよく右オープンに展開。WTB茂野洸気が切れ味鋭い走りでタックラー3人をかわして右スミに押さえ、23-17とリードを6点に広げた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ