人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年1月19日

明治大学、4年連続ラグビー全国大学選手権ベスト4。箸本組の戦いを振り返る

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

箸本龍雅主将

全国大学選手権決勝の舞台、国立競技場に紫紺のジャージーの姿はなかった。天理大学が初の日本一に輝き、幕を閉じた今季の大学選手権。明治大学は、1月2日に行われた準決勝で、その天理大に15-41で敗れ、シーズンを終了した。

関東大学対抗戦、関西大学リーグ戦王者の直接対決となった準決勝。観衆9000人に見守られる中、試合は早々に動く。前半2分、ディフェンスの空いた大外にボールを振られ、先制点を献上。対抗戦時から再三、課題として挙がっていた「試合の入り」で後手を踏んだ。

以降、試合は均衡状態になる。得点が動かぬまま迎えた24分、風穴をこじ開けたのは明大だった。ピッチ中央でのラインアウトからボールを展開。フェーズを重ねながらじわりじわりと敵陣に進出していくと、ディフェンスのスキを突いた右LO(ロック)高橋広大(情コミ4=桐蔭学園)から右WTB(ウイング)石川貴大(政経4=報徳学園)にボールがつながり、右隅にグラウンディング。同点に追いつく。

SO森勇登

このまま勢いに乗りたかったが、「ディフェンスで差し込まれてしまった」(SO/スタンドオフ森勇登・政経4=東福岡)。その後は天理大の息もつかせぬ猛攻に翻弄された。自陣での苦しい時間が続く中、トライを連取され5-19。2トライ差を追いかける展開で前半を折り返した。

後半に入っても形勢は崩せなかった。開始10分で2トライを先んじられてしまう。それでも執念を見せ、13分にはFB(フルバック)雲山弘貴(政経3=報徳学園)、15分には石川が立て続けにトライ。

光明を生み出したが、反撃のもここまで。終盤さらに追い打ちをかけられ、最終スコア15-41。初優勝、そして関西勢36大会ぶりの日本一奪取に燃える漆黒の壁は、想像よりもはるかに高かった。

新型コロナウイルス感染拡大により激動のなか迎えた2020シーズン。例年、チームの土台をつくる春季シーズンは中止を余儀なくされた。「先が見えない、(対抗戦や大学選手権が)行われるかどうかも分からないなか、1人で強化をするのは本当に苦しい」。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ