人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年1月5日

【ハイライト動画あり】初優勝を目指す京都成章、連覇を狙う桐蔭学園が決勝進出。ラグビー全国高校大会

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

1月5日(火)、大阪・東大阪市花園ラグビー場では100回目を迎える「花園」こと、全国高校ラグビー大会の準決勝2試合が行われた。

1試合目は初の決勝進出を狙う京都成章(京都)と、準々決勝で東海大大阪仰星と21-21と引き分けたが、抽選により駒を進めた東福岡(福岡第1)が対戦した。

京都成章LO本橋拓馬がパワーで先制トライ

前半、主導権を握ったのは京都成章だった。8分、ゴール前でFW(フォワード)にこだわり、最後はLO(ロック)本橋拓馬が持ち出し、中央にトライ、CTB(センター)辻野隼大(3年)のゴールも決まって7-0とする。

東福岡もすぐに反撃し、途中出場のNO8(ナンバーエイト)八尋祥吾(2年)が持ち出し、左中間にトライ、FB(フルバック)坂本公平(3年)のゴールも決まり、7-7の同点に追いつく。だが、その後は守備に定評がある京都成章が、攻撃力のある東福岡に得点を許さない。

すると28分、京都成章はBK(バックス)がボールを展開し、CTB山田歩季(3年)、WTB(ウィング)中川湧眞(3年)とつなぎ、中川が右中間にトライを挙げて12-7で前半を折り返す。

リードした京都成章のベンチからは「チャレンジしよう」「攻めよう」という声が聞こえる中、京都成章は後半5分、SO(スタンドオフ)大島秦真(2年)がキックパスし、見事にキャッチしたWTB倉田渉(2年)が左中間にトライを挙げて17-7とリードを広げる。

東福岡も後半16分、ゴール前でFWにこだわり、最後はFL(フランカー)大西一平(2年)が持ち出し、中央にグラウンディング。14-17と3点差に追い上げる。

逆転を狙って自陣から攻める東福岡に対して、23分、京都成章はタックルからラックを乗り越えてターンオーバー。相手のディフェンスがいない隙を、共同キャプテンの1人、SH(スクラムハーフ)宮尾昌典(3年)が突いて、フォローしたFL四宮勇斗(3年)とつなぎ、トライ。24-14と再び10点差とした。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ