人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年12月15日

指揮官とリーチ マイケルが語る日本代表、2023年へのスタート。ラグビーワールドカップ抽選会

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

2023年について話すリーチ(写真提供:東芝)

パリで行われた2023年ラグビーワールドカップフランス大会のプール組分け抽選会を受けて、ジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)と、2015・19年のワールドカップでキャプテンを務めたFL(フランカー)リーチ マイケルが、12月15日にオンラインで報道陣に対応した。

2019年大会でベスト8に入り、自動的に2023年の出場権を得ていた日本代表(現在、世界ランキング10位)は抽選の結果、プールDに入り、優勝経験があり、2019年大会準優勝のイングランド(同2位)、ワールドカップで過去2大会ベスト4進出のアルゼンチン(同8位)、オセアニア第1代表(サモア代表かトンガ代表が有力)、南北米大陸第2代表(アメリカ、ウルグアイやカナダなどが有力)と同組となった。

2023年の組み合わせが決定

プールDに入った率直な感想を聞かれてジョセフHCは「抽選会が終わり、2023年の対戦相手が具体的出てきて、非常にエキサイティングな気持ちになりました。イングランドとアルゼンチンと2つのパワフルなチームと当たります。セットピースが強いし、身体も大きい。フィジカルな相手との試合は我々にとって大きな挑戦になります。

逆に我々がやってきたスタイルが、2カ国とまったく違ったスタイル、ゲームになるので、そういった意味で、我々のラグビーが相手にしてみれば難しくなるところではイーブンかなと思いました。(両チームは)オールブラックスに勝っているので、大きなチャレンジになります。楽しみのあるプールだと思いました」と話した。

ジャパンラグビー トップリーグ2021

また、抽選が進むにつれて「ワクワクした」というリーチも「僕は個人的にオールブラックスと入りたかったが、イングランドとアルゼンチンと入って、これから、どういう準備するか明確になって良かった。

特にアルゼンチン代表はBK(バックス)がフットワーク上手な選手が揃っていて、FW(フォワード)はパワーランナーがいて、ディフェンスが強くて、何よりパッションにあふれるようなチーム。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ