人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年12月7日

【ハイライト動画あり】熱闘ドローふたたび!トライネーションズ2020最終戦「オーストラリア×アルゼンチン」

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

南半球3か国対抗戦「トライネーションズ2020」が最終ラウンド(第6戦)を迎えた。

ともに1勝1敗1分け(総勝点6)のオーストラリア代表とアルゼンチン代表は、12月5日(土)、オーストラリアのシドニー(バンクウエスト・スタジアム)で激突。

首位は2勝2敗(総勝点11)のニュージーランド代表。逆転優勝のためにはアルゼンチンが93点差、オーストラリアは101点差の勝利が必要であり、首位奪還は非現実的。

しかし2週間前の対戦(第4節)では15-15のドロー決着だった両者。今度こそ決着をつけ、年内の代表最終戦を勝利で飾りたいところだった。

アウェーとなるアルゼンチンは、先月亡くなったアルゼンチンの英雄、元サッカー同国代表のディエゴ・マラドーナ氏の背番号「10」が左腕に入った特製ジャージで登場。

また、試合前の国歌斉唱でサプライズ的な試みが。

先住民のデザインを採用したセカンド・ジャージーを着たオーストラリアが、まず先住民エオラ族の言語で国歌を歌い、続いて英語で歌い上げたのだ。オーストラリアの選手はこの日のためにエオラ語の歌詞を覚えたという。

オーストラリア vs. アルゼンチン トライネーションズ(ザ・ラグビーチャンピオンシップ)2020 最終戦

雨中戦となった最終戦は、序盤から「攻めるオーストラリア」「守るアルゼンチン」の展開となった。

ただアルゼンチンは、ここまで大会タックル数1位(約151回)、タックル成功率1位(89%)の守備力をこの日も見せつけた。

4戦先発のHOフリアン・モントージャ、LOマルコス・クレメルといった強力FWが4週連続の試合とは思えぬ粘り強いディフェンス。

一人ひとりが激しくしつこく絡みつき、押し戻し、オーストラリアの展開力を封じていく。ゲームキャプテンを務めたCTBヘロニモ・デラフエンテが相手プロップ(アラン・アラアラトア)を一人で押し戻すなど、バックスも高い守備力で貢献した。

ただアルゼンチンは前半16分、LOクレメルがノーバインドの危険なクリーンアウトでシンビン(10分間の一時退場)。14人になってしまう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ