人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月29日

【ハイライト動画あり】オールブラックスが零封で連敗脱出!マラドーナ氏への追悼ハカにアルゼンチン主将は「感謝」

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

ニュージーランド代表“オールブラックス”が鮮やかなカムバックを見せた。

南半球3か国対抗戦「トライネーションズ2020」の第5戦が11月28日(土)、オーストラリアのニューカッスルで行われ、1勝2敗のオールブラックスが、1勝1分けのアルゼンチン代表“ロス・プーマス”と激突した。

開幕戦こそ白星スタートだったオールブラックスだが、オーストラリア戦(22●24)、アルゼンチン戦(15●25)に連敗。3連敗となれば1998年以来22年ぶりの屈辱とあって絶対に負けられない状況だった。

試合前にはサプライズがあり、オールブラックス伝統の儀式「ハカ」の直前、FLサム・ケイン主将がハーフウェイラインへ歩み寄ってピッチに背番号「10」の黒衣ジャージーを置いた。ジャージーには試合3日前の11月25日に60歳で死去した元サッカー・アルゼンチン代表、ディエゴ・マラドーナ氏の名前が。

ピッチに背番号「10」の黒衣ジャージーを置くサム・ケイン主将

海外報道によれば、このアイデアは2021年シーズンのトップリーグでNTTドコモに参加するスクラムハーフ、TJ・ペレナラによるものだったという。

「ラグビーは何よりもまず、敬意によって成り立っていると信じています」とNZ代表のFLケイン主将。「(ジャージー贈呈は)敬意に溢れた正しい行為だったと思っています」

敬意を込めた追悼のハカは「カパ・オ・パンゴ」だった。このハカを気迫満点の表情で見つめていたアルゼンチンのFLパブロ・マテーラ主将は、試合前のコイントスのさいにFLケイン主将からジャージーの件を伝えられたという。

「サム・ケインとコイントスをするまで知りませんでした。ディエゴ・マラドーナはアルゼンチンにとって偉大な存在。感謝しています」(アルゼンチン・FLマテーラ主将)

オールブラックスがトライネーションズ試合前にマラドーナさん追悼ハカ「カパオパンゴ」

最高の雰囲気のなかでキックオフを迎えた第5戦。アルゼンチンは特に前半で、ここまでタックル成功率90%の防御力を存分に見せつけていた。

オールブラックスは序盤に連続攻撃を仕掛けるが、アルゼンチンの攻撃スピードを落とすチョークタックル、一撃で仕留める膝元へのタックルなど鉄壁防御に苦しみ、インゴールに近づけない。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ