人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月22日

【ハイライト動画あり】アルゼンチンとオーストラリアの激戦は引き分け。トライネーションズ2020

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

接点では激しい戦いとなった

最後まで勝負のわからない熱戦となった。

10月31日(土)に開幕した、南半球3か国対抗戦「トライネーションズ2020」。11月21日(土)は第4戦、「ロス・プーマス」こと、アルゼンチン代表と「ワラビーズ」こと、オーストラリア代表がオーストラリアのニューキャッスルで対戦した。

先週の試合が今大会、そして今年初のテストマッチとなったアルゼンチン代表は、「オールブラックス」こと、ニュージーランド代表に、30回目の挑戦で25-15と歴史的な勝利を挙げた。

その勢いのまま、今週のオーストラリア代表戦には、キャプテンのFL(フランカー)パブロ・マテーラをはじめ、オールブラックス戦で全25得点を挙げ、MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に輝いた、SO(スタンドオフ)ニコラス・サンチェス、WTB(ウィング)フアン・イモフ、バウティスタ・デルグイなど、先週と全く同じ15人で臨む予定だった。

だが、SH(スクラムハーフ)トマス・クベリが右膝のケガのため、ゴンサロ・ベルトラノウが9番をつけ、フェリペ・エスクラがベンチに入った。そしてリザーブには先週ケガをしたWTBエミリアーノ・ボフェリの他に、LO(ロック)ファクンド・イサ、HO(フッカー)サンティアゴ・ソシーノと経験値の高い選手が入った。

J SPORTS オンデマンド番組情報

一方のオーストラリア代表は2戦連続でオールブラックスと対戦し、初戦は5-43と大敗したが、11月7日(土)に行われた2戦目は意地を見せて、24-22と競り勝った。

先週は試合がなく休養十分のオーストラリアは、アルゼンチンのFW(フォワード)対策として、PR(プロップ)は経験豊富なスコット・シオと、前回決勝のトライを挙げたタニエラ・トゥポウと重量のある選手を起用。

FLはネド・ハニガンが先発に復帰し、キャプテンのマイケル・フーパーとコンビを組んだ。さらに5人のFWをリザーブに置き、113kgのFLロブ・ヴァレティニ、101kgのリアム・ライトと、23歳のバックロー2人をベンチに入れた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ