人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年10月19日

【ハイライト動画あり】南ア代表エルトン・ヤンチースがチーム最多得点!スター軍団ストーマーズを苦しめる。スーパーラグビー2020南アフリカ

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

司令塔として、また主将として大活躍したエルトン・ヤンチース(ライオンズ)

2019年ワールドカップ(W杯)南アフリカ代表、SOエルトン・ヤンチースが躍動した。

第2節を迎えた南アフリカ国内大会の「スーパーラグビー(SR)アンロックト」。

10月17日(土)は大会初戦となるストーマーズが、地元ケープタウンに1敗のライオンズを迎えた。

ストーマーズは先発メンバーにFLシヤ・コリシ主将を含む7人の19年W杯代表を並べ、さながらスター軍団の陣容。

一方、ライオンズの19年W杯メンバーはキャプテンを務めるSOヤンチースのみ。タレントでは後手を踏むライオンズが、敵地でスター軍団の撃破にチャレンジするという構図になった。

しかし冴え渡ったのは、8月に30歳になったヤンチースの技巧だった。

日本のNTTコミュニケーションズで14年から4季プレーした経験を持つヤンチースは、正確なハンドリング、キックに定評のあるレフティー。

19年W杯はSOハンドレ・ポラードの控えに回る形だったが、1次リーグのナミビア戦、カナダ戦の全2試合に先発出場した。

SRではライオンズの絶対的司令塔として、16年シーズンから3季連続の準優勝に貢献。

しかしチームはその後主力だったHOマルコム・マークス(クボタ)らが不在となり戦力ダウン。そんな中、SOヤンチースは準優勝を知る司令塔として、また主将として、名実ともにライオンズを牽引する立場となった。

先制トライは、そんなSOヤンチースのアシストが光った。

両軍がペナルティーゴール(PG)を決め合い、3-3で迎えた前半10分。

ライオンズは自陣22m内からでも果敢に攻める持ち前の展開ラグビーで、SOヤンチースが絶妙なタイミングで左展開。

左隅のラインブレイクをアシストすると、さらにサポートランからラストパスも演出して先制トライが生まれた。みずからもゴールも決めて10-3とリードを得る。

SRアンロックトで初戦となるストーマーズは、スクラムこそ優勢だが、フィールドプレーでは攻守の連携ミス、ハンドリングエラーが多発。効果的に敵陣に進むことができない。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ