人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年9月7日

先発平均23歳のレッズが躍動!首位ブランビーズ撃破でプレーオフへ弾み。スーパーラグビーAU第10節

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

先発平均23歳のレッズが躍動した。

レッズは先発15人のうち13人が25歳以下。最年長は30歳のSOジェームズ・オコナーだ。

2番目の年長者は26歳のWTBクリス・フェアウアイ=サウティアという“超”若手主体の布陣で、先発平均26歳の首位ブランビーズを圧倒した。

オーストラリア5チームによる国内大会「スーパーラグビーAU」最終節(第10節)。

9月5日(土)はブリズベンのサンコープ・スタジアムで、今年ホームで無敗の2位レッズ(4勝1分2敗)が、6勝1敗の1位ブランビーズを迎え撃った。

両者は上位3チームによるプレーオフ進出を決めており、勝敗は順位に影響しない。しかし9922人の観衆が見守るなか、序盤から激しい攻防が展開された。

レッズで特筆すべき活躍を見せたのは、オーストラリア代表“ワラビーズ”入りを期待されるノンキャッパー達だ。

序盤戦では高校&U20代表を経験した21歳のFLフレイザー・マクライトが、得意のジャッカルを披露。

FLマクライトの好守で敵陣に侵入すると、こちらもノンキャップである25歳のFBジョック・キャンベルが突破。先制トライを演出した。5-0

レッズは先発フォワード8人が24歳以下だったが、スクラムで優勢に立ち、ブランビーズの得点源であるラインアウトモールも見事に防いだ。

武器を奪われたブランビーズはハンドリングエラーも重なり、なかなかリズムに乗れない。

一方でレッズは先発最年長のSOオコナーが積極的な仕掛けでチャンス創出。

SOオコナーはキックでも前半18、31分のPG(ペナルティゴール)で確実に加点するなど、若手を牽引するベテランとして重要な役割を果たした。

11点リードで迎えた前半36分には、相手のノックオンから安定したスクラムを組み、1次攻撃で準備したバックス展開からトライ奪取。18-0

ブランビーズも後半40分にNO8ピート・サムが好走して1トライを返すが、18-7で折り返した後半も不安定なスクラム、ハンドリングエラーの連発に苦しんだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ