人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年7月31日

2位の古豪ブルーズが重大局面。優勝へ絶対に負けられないハイランダーズ戦。SRアオテアロア第8節

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

17年ぶりの栄冠をめざすブルーズが、絶対に落とせない一戦に臨む。


コロナ禍を乗り越えて開幕したニュージーランド(NZ)版スーパーラグビー「アオテアロア」は第8節。


8月2日(日)は、4勝2敗の2位ブルーズが、2勝3敗の4位ハイランダーズの本拠地(フォーサイスバー・スタジアム)に乗り込む。


優勝争いは3節を残し、4勝2敗で3チーム(クルセイダーズ、ブルーズ、ハリケーンズ)がひしめく混戦となっている。

優勝すれば2003年以来17年ぶりのタイトルになる2位ブルーズ(勝ち点17)は、勝ち点2差で首位クルセイダーズ(勝ち点19)を追いかけている。

プレーオフがないため、ブルーズの残り試合は、今週のハイランダーズ戦と、BYE(休養週)を挟んで迎える最終節クルセイダーズ戦のみ。逆転優勝へひとつも落とせない状況が続く。

ブルーズ2年目のレオン・マクドナルドHC(ヘッドコーチ)は、地元紙に意気込みをこう語っている。

「今週はハイランダーズ戦へ向けて、いつものようにハードワークし、正確性とブレイクダウンの規律に焦点を当てました」

「私たちは(本拠地の)オークランドに優勝トロフィーを持ち帰りたいと思っています。そのためにはベストを尽くす必要があると全員が分かっています」

ブルーズは先週のチーフス戦で4勝目(21-17)を挙げて連敗を止めた。勢いは持続しているだろう。

今週の先発メンバーは、そのチーフス戦から1名を変更した。

先週は途中出場から軽快な動きを見せたNZ代表キャップ保持者のPRカール・トゥイヌクアフェが、1番の先発を託された。得意のスクラムでも見せ場をつくれるか。

その他のスタメンは変わらず、プロップ離れした運動量でビッグタックルも放つPRオファ・トゥウンガファシ。

LOパトリック・トゥイプロトゥ主将に、「TACKLES WON」(タックル)が72回でリーグ1位のFLダルトン・パパリィ。

そしてバックスは、2戦連続で10番を背負うSOボーデン・バレット。そして大型センターとして成長を続ける189センチの23歳、CTBリーコ・イオアネ。

両翼は、ディフェンス突破数リーグ4位(23回)のマーク・テレアと、同7位タイ(15回)のキャレブ・クラーク。今季の躍進を支える強力ウイングが元気に先発する。

積極的に守備に立つ運動量豊富なフォワードと、決定力ある強力バックス――。ブルーズの活躍を支えているメンバーの多くが顔を揃え、敵地での歓喜を狙う。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ