人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年7月7日

恩師の誘いを断り、涙。山下昂大の新たなる挑戦 早稲田佐賀高校ラグビー部初代監督就任へ

元トップリーガーの今 by 村上 晃一
  • Line

佐賀県の高校ラグビー界は全国屈指の実力を誇る佐賀工業高校が圧倒的な強さを誇っている。その佐賀県にある早稲田佐賀高校が、来春ラグビー部を創部することが発表された。監督に就任するのは、2019年度までコカ・コーラレッドスパークスでプレーした山下昂大(30歳)だ。山下といえば抜群のラグビーセンスで活躍したFW第三列であり、東福岡高校時代にキャプテンとして全国制覇を成し遂げ、早稲田大学、コカ・コーラでもキャプテンを務めた世代屈指のリーダーである。すでに家族で早稲田佐賀高校のある唐津市に住み、同校事務局で広報を担当しながら創部の準備を進めている。コカ・コーラの正社員であり、大学時代に保健体育科の教員免許も取得した山下には、さまざまな選択肢があった。なぜ、高校の指導者になったのか、なぜ、教員ではないのか、なぜ、東福岡高校に戻らなかったのか、素朴な疑問をぶつけてみた。


──今年の1月、コカ・コーラレッドスパークスからの退団が発表されましたね。

「2019年度で現役引退をすることはシーズン初めに決めていました。日本代表、サンウルブズ入りを目指してきましたが、それに対する思いが薄れてきたときが一つの引き際だと考えていました。将来指導者になりたいという思いもあったので、今がそのタイミングだと思ったからです」

──早稲田佐賀高校から打診があったのはいつですか。

「昨年8月です。創部されるラグビー部の監督就任について打診がありました。高校の指導者になりたいという気持ちはずっと持っていましたが、それが実現するまではコカ・コーラで、コーチ、スタッフとして勉強させてもらいたいと考え、向井昭吾監督には相談していました。タイミングよく、声をかけていただいたということです」

──指導者になりたいという思いは、いつ頃から抱いていたのですか。

「中学生くらいから思い始めて、東福岡高校3年の進路選択の時には保険体育の教員になりたくて、早稲田大学スポーツ科学部を志望しました。教員免許も取得しています。東福岡高校ラグビー部の谷崎重幸先生(当時の監督)、藤田雄一郎先生(当時コーチ、現監督)に出会った影響も大きかったです。僕にいろんな価値観を与えてくれました。ラグビーを通して、生徒たちの一生の礎になる期間に携われることに憧れを抱きました」

──高校時代に学んだのは、どんなことですか。

「高校時代は人間育成をしていただいたと思っています。谷崎先生はラグビーの細かいことは特に言わず、戦術・戦略については選手の自主性に任せてくれました。高校の時は人として感謝の気持ちを持つとか、整理整頓をするなど人間として成長させてもらったと思っています」

──山下さんが東福岡高校のキャプテンとして全国制覇をしたとき、初優勝なのに、あまり喜びませんでしたね。印象に残っています。

「当時は17歳でしたが、一生懸命背伸びしてチームをまとめようとしていたと思います。あの時は、親友の死(大会直前にチームメイトが事故で亡くなった)もありました。それに、伏見工業の選手が泣き崩れている横で大騒ぎするのは違和感がありました。高校生なのに、よくできたと思います。今の僕は喜んじゃうと思います(笑)」

──自由奔放な東福岡から戦術・戦略を細かく準備する早稲田大学に進みましたね。

「ラグビーについて、僕の基本的な考え方を植え付けてくれたのは早稲田大学です。東福岡は流動的で個人の能力を生かすスタイルでした。早稲田大学は三次攻撃、四次攻撃まで人の動きが決まっている。最初はよく分からなかったのですが、なぜ、この選手はこう動くのか、この動きにはどういう意図があるのかとか考えるとすごく面白い。意図通りにボールを運ぶためにオプションをチームで共有しておくのはとても大切だと思いました」

──対照的なプレースタイルを学んだことは、指導者としても活かせそうですね。

「もっといろんなラグビーの形はあると思いますが、対極にある2つのラグビーができたことは僕にとっての財産です」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ