人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年6月4日

ラグビー新リーグ法人準備室副室長に就任した瓜生靖治氏 新リーグでの選手を取り巻く環境を考える

元トップリーガーの今 by 村上 晃一
  • Line

日本ラグビーを引っ張る「ジャパンラグビートップリーグ」は、2021年度シーズンから新リーグに移行する予定だ。ジャパンラグビートップリーグは企業がチームを運営するスタイルで、「プロ契約選手」と「社員選手」が存在する。
ラグビーワールドカップ(RWC)でラグビーというスポーツに関心を持った皆さんには、プロ野球やJリーグ、Bリーグとは違うので、少々分かりにくいかもしれない。
ラグビー独自のシステム、選手たちの置かれた現状、今後の見通しなどについて、ラグビー新リーグ副室長の瓜生靖治さんに聞いてみた。瓜生さんは元トップリーガーであり、日本代表にも選出されたプロ選手だった。


────まずは、ラグビー選手としての経歴を教えていただけますか。

「4歳からラグビーをはじめ中学生まで鞘ヶ谷ラグビースクール(福岡県北九州市)でプレーしていました。小倉高校から慶應義塾大学(環境情報学部)に進み、サントリーに就職して営業の仕事をしながら3年間社員としてプレーしました。その後、プロ選手として神戸製鋼コベルコスティーラーズに入団し、リコーブラックラムズ、キヤノンイーグルスでプレーし、キヤノンがジャパンラグビートップリーグへの昇格を決めた2011年度に現役を引退しました。2012年からはキヤノンでチームの採用担当になりました」

──神戸製鋼以降はプロ選手としてプレーしていますが、日本のラグビーにおけるプロの定義、瓜生さんはなぜプロになったのかを教えてください。

「トップリーグのプロ選手は、ラグビーだけを仕事とする選手のですが、トップリーグは企業スポーツですので雇用形態としては嘱託社員契約の選手が多くなります。会社の仕事とラグビーを両立している選手は社員選手というかたちです。私が社員選手からプロ選手を選択した理由ですが、当時は日中の勤務の後、夕方にグラウンドに移動して練習をしていました。私の担当していた業務は練習が休みの日には出張が入ることも多く、体を休める時間がほとんどありませんでした。中途半端な形で両方に関わっている状況が嫌で、すべての時間をラグビーに費やしたいという思いが芽生えました。もう一つは、社会人2年目に、おたふくかぜを患った際に後遺症として右耳の聴力を失い、今も右耳の聴力がほとんどありません。人生何が起こるか分からないという体験をした時、明日何があっても自分自身が後悔をしない人生を送りたいと強く思いました」

──当時から、スポーツ選手の価値向上についても考えたそうですね。

「当時は漠然とですが、スポーツ選手の社会的地位が確立されていないと感じていました。スポーツを通じていろんなことを学んでいるのに発揮できる機会がないのです。選手としてラグビーに100%打ち込みながら、スポーツ選手の価値向上に生かせる勉強もして、次のステップに進みたいと考えていました」

──キヤノンから日本ラグビーフットボール協会に移るときは、どういう決断だったのですか。

「キヤノンの採用担当になった時は、新興チームという事もあり、簡単に選手は集まらない状況でした。そこで、複数の大学へ声をかけ、選手達にキヤノンのグラウンドに集まってもらい、トライアウトを実施しました。現在のトップリーグ発掘プロジェクトの前身になります。実はそのとき、今の日本代表選手であるラファエレ ティモシー(当時、山梨学院大学)も参加してくれました。最後まで採用を迷っていましたが、結局外国人選手枠の関係でキヤノンでは採用できませんでした。しかし、キヤノンでの採用は無理でも他では採用できるチームのあるのではと、まだ枠を持っているチームの採用担当の方に声をかけたりしました。チームによってその年の補強で求めるポジションが違うなら、こういったチャンスを作る場は16チームでやったほうが採用の枠も増える事になり、それは選手のためにも日本のラグビーのためにも良いのではと思うようになりました。
 翌年に各チームの採用担当者と一緒に、トップリーグ発掘プロジェクトを立ち上げました。開催にあたって日本ラグビーフットボール協会に後援をしてもらう事が必要でしたので、稲垣さん(元ジャパンラグビートップリーグCOO)に相談し、協会の方をご紹介いただきました。準備を進めていくと協会のスタッフの方は、RWC後の日本ラグビーの盛り上がりに危機感をもっている方で、発掘プロジェクトだけでなくトップリーグ事も手伝ってくれないかと声をかけていただきました」

──それですぐに日本協会の職員になったのですか。

「最初の1年はキヤノンから出向し採用担当との兼務でした。実際に協会で働いてみないと分からない事が沢山ありました。RWC組織委員会と連携し、大会後の盛り上がりをどのように継承できるか、トップリーグを盛り上げることがこれからの日本ラグビーのためだという使命感もあり、退路を断って、2017年から協会の職員になりました」

──トップリーグ・ネクストというプロジェクトにも関わられていたと思います。それはどのような構想だったのですか。

「ポイントとしては、トップリーグをリーグ自体で運営できるように事業化していこうという構想でした。試合の興行をチームが担い、地域に根差した活動ができるようにする事で、企業スポーツをいかに発展させるかという事に主眼をおいていました」

──新リーグ構想と似ていますね。

「プロ構想と、ネクスト構想の折衷案がいま進んでいるという状況だと思います。企業スポーツという枠組みを越えて、事業としてプロ(選任性)を目指していこうというのが新リーグの構想でどのような事業形態をとっていくのかは、各チームのご判断により社内での形を決めていただいております」

──プロ化とは言えないのですね。

「プロという言葉の定義の問題だと考えています。日本人のイメージするプロとは、野球、サッカーの形ですよね。選手全員がフルタイムでスポーツをする事がプロスポーツという。ラグビーは社員選手もいます。新リーグは興行としてはプロですが選手資格は自由です。契約の幅は広がると思います」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ