人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年7月6日

【ハイライト動画あり】ついに開幕した豪州版スーパーラグビー「AU」。ブランビーズがスクラム苦戦もレベルズ撃破。

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

コロナ禍で中止になったスーパーラグビー2020の代替大会、オーストラリア国内5チームによる「スーパーラグビー AU(エーユー)」が待望の開幕節を迎えた。

開幕節2日目の7月4日(土)は、首都キャンベラのGIOスタジアムで、地元ブランビーズレベルズを迎え撃った。

ビジターチームのレベルズでは、今年サンウルブズでプレーしたLOマイケル・ストーバーグ(近鉄)が5番で先発。

また同じく今年のサンウルブズでプレーし、5試合に出場したHOエフィトゥシ・マアフもリザーブに入り、後半29分から出場した。

先制点は前半3分。リーグ中止前から5勝1敗と好調だったブランビーズが、入場制限のなかで集まった地元ファンを沸かせた。

反則から敵陣ゴール前ラインアウトの好機を迎えると、十八番のラインアウトモールと見せかけ、WTBアンドリュー・ミュアヘッドを走り込ませるサインプレー(トライ後ゴール成功)。鮮やかな奇襲により、7点を先制した。

その後はお互いにハンドリングエラーが目立ち、スクラムでの再開が目立つ展開。

そのスクラム戦で、レベルズはFW第1列に豪州代表(PRスリッパ-、HOファインガア、PRアラアラトア)を並べたブランビーズを圧倒。なんと後半35分までに6度のペナルティを奪った。

ブランビーズ主将のPRマイケル・アラアラトアは試合後「いくつかの複合的な要因によるものだが、今後の検討が必要なことは明らか」とスクラム戦を振り返った。

「私達は(スクラムで)6度のペナルティを与えました。最初の2つはプレ・エンゲージ(での反則)、後半最初のいくつかの反則は私達の土台が崩れたことによるものでした」

スクラムで優勢に立ったレベルズ。前半9、27分にはペナルティーゴール(PG)を加えて、じわりと1点差(7-6)に詰め寄った。

スクラム中のジョー・パウエル(中央)

しかし前半27分、ブランビーズは敵陣右ゴール前ラインアウトのチャンス。先制トライと似た局面を迎えた。
ここで今回は得意のラインアウトモールで力強く前進。最後はSHジョー・パウエルが手薄になったショート・サイドへボールを持ち出し、片手一本でトライを決めた(ゴール失敗)。

さらに前半37分には波状攻撃からHOフォラウ・ファインガアがインゴールにねじ込み、ブランビーズが19-6とリードして前半を折り返した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ