人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年3月13日

サンウルブズ、3連覇中の絶対王者クルセイダーズに挑む。スーパーラグビー第7節

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

1月31日に始まったスーパーラグビーも第7節を迎える。新型コロナウィルスの影響で、遠征6連戦となったヒトコム サンウルブズ(オーストラリアカンファレンス)。

今週はスーパーラグビー3連覇中で、現在ニュージーランドカンファレンス2位につけるクルセイダーズと、オーストラリアのブリスベン、サンコープスタジアムで対戦する。

2月1日の開幕戦こそ、レベルズ(オーストラリア)に36-27で勝利したサンウルブズだが、その後、BYE(休みの週)を挟んでホームの秩父宮ラグビー場でチーフスに17-43と敗戦。

続く、第4節はアウェーでレッズに5-64、ハリケーンズに15-62、ブランビーズに14−47と4連敗中。初戦で獲得した勝ち点4のままで、オーストラリアカンファレンスでも全体でも最下位と苦しんでいる。

そんな中、長い遠征も折り返しに入り、選手たちは焼き肉を食べるなどしてリフレッシュしたようだ。

サンウルブズを率いる大久保直弥HC(ヘッドコーチ)は、前節のブランビーズ戦から、FW(フォワード)2名、BK(バックス)2名を変更した。

FW第1列は前節に引き続いてPR(プロップ)ニック・メイヒューとコンラード・ファンフィーレン、第6節のスーパーラグビーベスト15のHO(フッカー)エフィ・マアフが先発する。

リザーブも前節と同じくPRジャレッド・アダムス、ヘンカス・ファン・ヴィック、HOジャバ・ブレグバゼが控える。

LO(ロック)は開幕から先発出場を続けてきた谷田部洸太郎がリザーブに回り、ベン・ハインが初先発し、ここまで全試合連続先発での出場となったマイケル・ストーバークとコンビを組む。

FL(フランカー)はジャスティン・ダウニーとニュージーランド出身のミッチ・ジェイコブソンが先発に名を連ね、布巻峻介はメンバー外となった。

共同キャプテンでNO8(ナンバーエイト)のジェイク・シャッツは引き続き先発する。リザーブには相手のクルセイダーズでプレー経験のあるFLブレンドン・オコナーが入った。

BKはSH(スクラムハーフ)のルディー・ペイジ、SO(スタンドオフ)にガース・エイプリルのハーフ団が前節に引き続いて先発。早稲田大学4年の齋藤直人は再びベンチからチャンスをうかがう。

共同キャプテンの1人であるCTB森谷圭介がスターターに復帰し、元イングランド代表ベン・テオとコンビを組む。前節CTBだったシオサイア・フィフィタがWTB(ウィング)に回り、WTBタウタラタシ・タシと両翼を担う。

FB(フルバック)は安定感のあるジェームス・ダーガヴィルが復帰。先週スーパーラグビーデビューを果たしたWTB/FB竹田宜純と、早稲田大学4年のCTB中野将伍がベンチに入った。

戦術担当のコーチである沢木啓介コーチングコーディネータは「(悪いプレーをして)引きずって、ネガディブなプレーをしていたら絶対にいいアタックはできない。アタックをアグレッシブに取り戻そう」と選手たちに気合いを入れていた。

サンウルブズはやはりアタッキングチーム。3シーズン連続王者に攻撃的なラグビーでチャレンジする。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ