人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年3月5日

サンウルブズ、試練のアウェイ6連戦。第3戦はカンファレンス1位のブランビーズと対戦。スーパーラグビー第6節

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

1月31日に始まったスーパーラグビーも今週末でレギュラーシーズンの3分の1に当たる第6節を迎える。

現在、オーストラリアカンファレンス最下位ヒトコム サンウルブズは、3月8日(日)に同カンファレンス首位につけているブランビーズと、大阪・花園ラグビー場で対戦する予定だった。

しかし、新型コロナウィルスの影響で開催地変更となり、6日(金)にオーストラリア・シドニーから南に82キロ離れた、ウーロンゴンのWINスタジアムで行われることになった。

福岡で行われた開幕戦でレベルズに36-27で勝利し、幸先の良いスタートを切ったサンウルブズだが、第2節のBYE(休み)が明けてからは秩父宮ラグビー場でチーフスに17-43、その後、アウェイでレッズに5-64、ハリケーンズに15-62と3連敗。

総勝ち点4でオーストラリアカンファレンス5位に陥落し、全体でも15チーム中14位と順位が下がってしまった。ブランビーズ戦では組織ディフェンスを整えて、接戦に持ち込みたいところ。

そこで、大久保直弥HC(ヘッドコーチ)は前節のハリケーンズ戦から、LO(ロック)の谷田部洸太郎マイケル・ストーバーク、共同キャプテンでNO8(ナンバーエイト)のジェイク・シャッツ、SH(スクラムハーフ)のルディー・ペイジ以外の先発メンバー11人を入れ替えた。

まず、BK(バックス)は前節でWTB(ウィング)を務めたシオサイア・フィフィタが、CTB(センター)でケガから復帰したベン・テオとコンビを組む。

そして、前節CTBでスターティングメンバーだった共同キャプテンの森谷圭介は控えに、早稲田大学4年の中野将伍はメンバー外となった。テオとフィフィタが相手のアタックを止めることができるかが焦点となろう。

その他、SO(スタンドオフ)には前節メンバー外だったガース・エイプリルが先発に復帰し、小倉順平がベンチスタートとなった。WTB(ウィング)はジェームズ・ダーガヴィルとフィフィタから、タウタラタシ・タシとJJ・エンゲルブレヒトに。

FB(フルバック)は先週スーパーラグビーデビューを果たしたアレックス・ホランに替わり、やはり初キャップとなる元トヨタ自動車の竹田宜純が先発する。早稲田大学4年のSH齋藤直人は先週に引き続き、ベンチからチャンスを伺う。

FWは第1列が前節リザーブだったPR(プロップ)ニック・メイヒュー、コンラード・ファンフィーレン、HO(フッカー)エフィ・マアフが入る。

前節先発だったPRジャレッド・アダムズ、ヘンカス・ファン ヴィック、HOジャバ・ブレグバゼが控えに回った。FL(フランカー)もジャスティン・ダウニーと布巻峻介が先発し、テビタ・ツポウと遠征に追加招集されたベン・ハインがリザーブに回った。

サンウルブズとブランビーズの対戦は、昨シーズンが0-33、19-42、2018年シーズンは31-41、25-32、2016年シーズンは5-66と、サンウルブズはいまだ勝ち星を挙げたことはない。

それでもサンウルブズはセットプレーとディフェンスで奮闘しつつ、アタックで勝つ流れに持っていきたい。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ