人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年2月23日

サントリーが中鶴のハットトリックなどで日野に大勝。トップリーグ第6節

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

中盤の第6節を迎えたジャパンラグビートップリーグ。2月22日(土)は、東京都・秩父宮ラグビー場で、6位のサントリーサンゴリアスと、13位の日野レッドドルフィンズが対戦した。

サントリーのミルトン・ヘイグHC(ヘッドコーチ)は「(60-14で勝利した)トヨタ戦のパフォーマンスをそのまま出すこと」をテーマに掲げたのに対し、日野の細谷直監督は「前半、とにかくゲームを絶対成立させる。まず(前半)40分のことだけ考えていこう」と選手をピッチに送りだした。

強風の中、1万3856人の観客が集った試合は、序盤からボールをダイレクトプレーで継続するサントリーのペースで進む。サントリーは6フェイズ以上アタックを続けると相手のディフェンスが崩れると分析していたという。

J SPORTS オンデマンド番組

前半9分、サントリーは敵陣左22mライン付近でのマイボールラインアウトからモールでそのまま20mほど押し込んで、今シーズン初先発となった日本代表HO(フッカー)北出卓也が押さえた。CTB(センター)マット・ギタウのゴールも成功し、7-0と先制する。

さらに10分、サントリーは自陣からボールを継続し、敵陣へ入ると更に攻撃を重ね、最後は右サイドでWTB(ウィング)中鶴隆彰が抜け出してトライ。12-0と追加点を挙げる。

勢いに乗ったサントリーは攻撃の手を緩めない。16分に敵陣左ゴール前でのラインアウトからFW(フォワード)が近場を攻め、出たボールを右に展開し、WTB中鶴が中央まで持ち込んで連続トライ。CTBギタウのゴールも決まり、19-0とリードを広げる。

さらに21分、WTB中鶴の突破からゴール前でのラックを左に展開し、FB(フルバック)尾崎晟也がトライ。CTBギタウがコンバージョンキックを成功し、26-0とさらに得点を重ねると、25分にはWTB江見翔太もトライを挙げて33-0と突き放す。

日野も30分、サントリー陣での左ラインアウトからアタックし、ゴール前でオフロードを繋いで最後はLO(ロック)リアキ・モリがトライ。FBギリース・カカのゴールも入り7点を返し、7-33とする。

しかし33分、サントリーはターンオーバーから展開し、HIA(ヘッドインジャリーアセスメント)で、WTB江見に代わって入っていた松島幸太朗が右サイドを抜け出し、WTB中鶴につないで、中鶴がハットトリックとなる3トライ目を上げた。

前半終了間際の42分もラインアウトからモールを押し込み、LOトム・サベッジがトライし、前半だけでサントリーが7トライで47-7と大きく差をつけて折り返す。

後半に入ってもサントリーの勢いは止まらず、後半4分、敵陣右ゴール前でもラインアウトからモールで押し込んで左に持ち出すと、ラックからCTBギタウがトライ。ゴールは外れたが52-7とする。

なんとか追加点を取りたい日野は19分、敵陣左のスクラムから右に展開し、中央ラックから左にボールを継続し、WTB竹澤正祥がトライ。FBカカのゴールも決まって14-52とする。

だが、24分にはサントリーが相手のラインアウトのミスしたボールをCTBギタウが拾い上げて、そのまま抜け出しトライ。さらに31分、ドロップアウトのボールを得ると、途中出場のFL(フランカー)テビタ・タタフがそのまま70mを走り切って64-14。

試合終了間際の39分には、相手ボールラインアウトをターンオーバーし、パスで繋いで、最後は途中出場のLO飯野晃司がダメ押しのトライを挙げ、結局、後半も4トライを重ねたサントリーが69-14で快勝した。

マン・オブ・ザ・マッチ(MOM)には、ハットトリックを達成したWTB中鶴が獲得し、「WTBとしてはトライをいっぱいとっていきたいので、次の試合も頑張ります」と笑顔を見せた。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ