人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年2月3日

14人のパナソニックがキヤノンを圧倒し4連勝。トップリーグ第4節

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

写真:ゲームキャプテンを務めたHO堀江

2月2日(日)、ジャパンラグビートップリーグ第4節、キヤノンイーグルスとパナソニック ワイルドナイツの一戦が、東京都・町田GIONスタジアムで行われた。

ワールドカップに出場した日本代表が6人がメンバー入りしたこともあり、スタジアムは満員の9120人が集った。

2勝1敗で勝ち点9、6位につけているホームのキヤノンは日本代表のSH(スクラムハーフ)田中史朗が、古巣のパナソニックと初めての対戦となり、同じく日本代表SO(スタンドオフ)田村優とハーフ団を組んだ。

すべて3トライ差以上のボーナスポイントを取って、3連勝で首位に立つパナソニックは、キャプテンのHO(フッカー)坂手淳史をはじめ、PR(プロップ)稲垣啓太、SO松田力也、控えのHO堀江翔太と4人の日本代表がメンバー入りした。

また、キヤノンには南アフリカ代表CTB(センター)ジェシー・クリエル、パナソニックにはニュージーランド代表LO(ロック)サム・ホワイトロック、南アフリカ代表CTBダミアン・デアリエンディ、オーストラリア代表FL(フランカー)デービッド・ポーコックと、昨年のワールドカップで活躍した各国代表のスター選手も名を連ねた。

J SPORTS 番組情報

写真:試合中に話し合うキヤノン田中と田村

キヤノンのSH田中が12シーズン在籍した古巣との対決や、日本代表の2人のスタンドオフ対決など注目を浴びた試合は13時にキックオフされたが、試合開始早々から思わぬ展開になり、いきなり試合が動いた。

前半3分、パナソニックのキャプテンHO坂手が、タックルに来たキヤノンのCTB(センター)三友良平の顎に肘が当たってしまい、危険なプレーとみなされてレッドカードとなり一発退場。

J SPORTS オンデマンド番組

数的有利となったキヤノンは前半5分、敵陣でボールを大きく動かし、最後はCTBクリエルが右隅にトライ。SO田村のゴールは外れたが5-0と先制する。

しかし、1人少なくなったパナソニックも負けていない。前半8分のSO松田のPG(ペナルティゴール)は外れてしまうが、直後の10分、CTBディラン・ライリーがラインブレイク。

オフロードパスを通して、CTBデアリエンディがゴール正面にトライ。SO松田のゴールも決まって7-5と逆転に成功。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ