人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年12月19日

早稲田大学、プレーの精度を上げ『荒ぶる』を目指す。ラグビー全国大学選手権準々決勝

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

写真:明大の猛攻に機能しなかった早稲田ディフェンス

全勝対決で迎えた早明戦で敗戦を喫し、2位という結果に終わった関東大学対抗戦から3週間。大学王者を決する全国大学選手権での戦いが幕を開ける。

東大阪市花園ラグビー場で迎える準々決勝。早稲田大学の対戦相手は、3回戦で京都産業大学を下した日本大学。年々着実に力を増し、6大会ぶりの大学選手権出場を果たした勢いに乗っているチームだ。

早大は初戦で勝利を挙げ、弾みをつけたいところ。最終目標『荒ぶる』に向けて、負けたら終わりの戦いが始まろうとしている。

日大の強みは看板ともいえるFW(フォワード)だ。PR(プロップ)坂本駿介主将(日大)が率いる屈強なFW陣は、関東大学リーグ戦で度々セットプレーにおいて相手を圧倒してきた。

写真:京産大戦で1年生ながらトライを挙げた普久原

前回の京産大戦でも、ラインアウトモールを起点にトライを奪うなど、セットプレーに注力してきたことがうかがえる。

試合は要所で強さを見せつけ、粘り強く終盤のリードを守り抜き、24-19で日大が勝利。昨季リーグ戦5位から躍進したことによる自信を感じさせた。

BK(バックス)も、後半に好機を逃さずトライを挙げた1年生FB(フルバック)普久原琉をはじめとする下級生の活躍が著しい。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ