人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年10月21日

歴史的な快進撃に幕。史上最強のラグビー日本代表はベスト8。ラグビーワールドカップ日本大会「日本 vs. 南アフリカ」レビュー

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line
流大

史上最強のラグビー日本代表“ブレイブ・ブロッサムズ”の旅が終わった。

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は10月20日(日)、東京スタジアムで準々決勝の1試合を行い、史上最高の世界ランキング6位だった日本は、南アフリカ(同4位)に26-3で敗れて4強入りを逃した。

プールAを4戦全勝で駆け抜け、日本・アジアラグビー史上初のW杯8強進出を遂げた日本だったが、南アフリカに勝利した前回大会に続いての撃破はならなかった。

試合前の国歌斉唱では、多くの選手が涙を流した。

「泣くつもりはなかったが、いろいろなものがフラッシュバックしてしまった」(SH流大)

そして観客4万8831人を前に、ついに歴史的一戦の火蓋が切って落とされた。

前回大会で32-34の惜敗を喫している南アフリカ。油断は見られなかった。ジャパンは相手の周到な準備に手こずっていた。

「マークされていた。ダブルタックルでかなり来られていた」(NO8姫野和樹)

「サインプレーを読まれていたようで、自分たちのテンポに持って行けなかった」(WTB松島幸太朗)

姫野和樹

NO8(ナンバーエイト)姫野は得意のキャリーを2人がかりで防がれ、相手SH(スクラムハーフ)のファフ・デクラークが、日本のサインプレーを読んでパスカットする場面も見られた。

万全の準備とメンタリティで日本に立ちはだかった南アフリカは、前半4分、日本陣左のスクラムから、WTB(ウイング)のマカゾレ・マピンピが1対1に勝利。

そのまま突破して左隅にねじ込み、ゴールは失敗も5点を先制した。

しかし南アフリカは前半9分、PRテンダイ・ムタワリラがPR稲垣啓太に対するスピアタックルにより、イエローカードを受けてシンビン(10分間の一時退場)に。

試合後に日本のジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)は、この危険なタックルについて「50%の確率でレッドカード」との見解を示していた。

相手FW(フォワード)が7人となり有利となった日本は、前半20分、スクラムを押してペナルティを獲得。ここでSO田村優がPG(ペナルティゴール)を成功させ、この日の初得点で2点差(3-5)に迫った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ