人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年10月14日

トンガは花園で有終の美を飾る シアレ・ピウタウ主将、惜別のトライ ラグビーワールドカップ2019 アメリカ vs. トンガ

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

「死のプール」と呼ばれたプールCは、イングランとフランスが決勝トーナメント進出を決めた。そして、プールC最後の戦いは、東大阪市花園ラグビー場で、10月13日、午後2時45分キックオフで行われた。対するのは、アメリカとトンガ。プール戦敗退が決まっている者同士の戦いだが、ラグビーワールドカップ(RWC)に意味のない試合など存在しない。自国のラグビーの将来のため、ひとつでも多くの勝利を目指すのだ。


キックオフ前の国歌斉唱では、トンガのキャプテンCTBシアレ・ピウタウの目から大粒の涙が流れ落ちた。この日が34歳の誕生日だったピウタウは、今大会で代表引退を決めている。トンガ代表として仲間と戦う最後の舞台に感極まった。筋肉の鎧をまとった屈強な選手が並ぶ両者の戦いは「フィジカル・バトル」とも言われた。しかし、トンガが中6日でこの試合を迎えたのに対し、アメリカは10月9日のアルゼンチン戦から中3日というハードなスケジュール。メンバーも3名を変更しただけ。アメリカの不利は否めなかった。

しかし、試合は拮抗する。立ち上がりはトンガが何度も攻め込み、トンガファンの多いスタンドを沸かせたが、反則やミスでチャンスを逸した。最初のトライは前半16分、トンガ陣からLOレヴァ・フィフィタがディフェンスを破ってアメリカ陣に入り、WTBヴィリアミ・ロロヘアにつなぐ。ロロヘアはハンドオフでタックルをかわして大幅ゲイン、ゴールラインに迫った。ここは止められたもののFWがしつこく密集サイドを突いて、最後はHOポーラ・ンガウアモがトライ。SHソネシ・タクルアのゴールも決まって、7-0とリードする。


アメリカも反撃。20分、WTBマルセル・ブラーシェの突進でトンガ陣に入ると、今大会初出場のFLマロン・アルジボーリがさらに前進。そこから連続攻撃を仕掛け、最後はNO8キャメロン・ドーランの片手でのパスが交代出場で入ったばかりのWTBマイク・テオに渡り、インゴール右中間に走り込む。SOのAJ・マギンティのゴールも決まり、7-7の同点。25分には、FBウィル・フーリーのロングパスを受けたテオが2つ目のトライをあげ、7-12と逆転。疲労困憊のアメリカの健闘でスタジアムは俄然盛り上がった。


  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ