人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年10月4日

激戦必至、プールCの大一番・イングランドvs.アルゼンチン。ラグビーワールドカップ2019

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

いよいよプール戦も中盤戦から終盤戦を迎え、ベスト8進出をかけて連日熱戦が繰り広げられているラグビーワールドカップ。

10月5日(土)は、「死の組」プールCで首位のイングランド代表と、3位につけている前回大会ベスト4のアルゼンチン代表が激突する。

イングランドは初戦でトンガ代表に35-3、続くアメリカ代表には45-7と快勝し、いずれも4トライ以上のボーナスポイントを獲得。勝ち点10でプール首位に立っている。

ただ、これまでの2戦は格下相手で、さらにインドア(札幌・神戸)でのゲームだった。残りの2戦はティア1のチームと激突するが、10月に入っても湿度の高い、蒸し暑いコンディションの中での試合が予想される。

エディ・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)はアメリカ代表戦から9人の先発を変更した。ケアで欠場していたPR(プロップ)マコ・ヴニポラ、BK(バックス)のジャック・ノウェルはベンチに入った。

SH(スクラムハーフ)ベン・ヤングスはこの試合で92キャップとなり、元イングランド代表SO(スタンドオフ)ジョニー・ウィルキンソンを超えることになる。リザーブのPRダン・コールも出場すれば同じく92キャップ目となる。

ジョーンズHCは、「キックはラグビーにとって大切ですが、この大会は特にそうです。暑さと湿気でボールが滑りやすく、そのためスペースを見つけるためにはキックが重要」。

「先発するアルゼンチンのSOベンジャミン・ウルダピジェタはフランスで何年もプレーしていて、非常に良いキックを持っています。土曜日はここがポイントになってくるでしょう」。

「アルゼンチンは非常にスクラムを強化してきました。しかし、イングランドもスクラムは強力な武器です」と相手を警戒しつつも自信をのぞかせた。

また、バックローはFL(フランカー)トム・カリー、サム・アンダーヒル、NO8(ナンバーエイト)ビリー・ヴニポラと、平均年齢24歳の若いコンビネーションになったことについては、「トムとサムのフィジカルは、コンテストが多くなるアルゼンチン相手には有用だし、2人とも素晴らしいパフォーマンスを見せてくれています」

「ビリーは世界でもトップクラスのNO8です。そして兄のマコがいることで、弟のビリーのパフォーマンスも上がるでしょうし、若い選手たちを落ち着かせることができます」と説明した。

キャプテンのCTB(センター)オーウェン・ファレル は、SOジョージ・フォードとのコンビネーションについて聞かれると、「チームのためになれば良いので、背番号は気にしていない」。

「アルゼンチンには突破力があり、ディフェンスもできるCTBが揃っているので、それに対応しないといけない。どんなコンディションでもどんな相手でも戦える準備はしてきた」ときっぱりと答えた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ