人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年10月4日

息を吹き返したフィジー。ジョージア相手に7トライを奪取。ラグビーW杯日本大会「ジョージア vs. フィジー」

ラグビーレポート by 真鍋 雅彦
  • Line
#21ジョージア vs. フィジー

10月3日、東大阪市花園ラグビー場ではグループDに所属するジョージアとフィジーの一戦が行われた。

世界ランキング14位のジョージアは初戦のウェールズには完敗したが、2試合目となったウルグアイ戦は完勝。

一方、ワールドカップでは過去2回ベスト8に進出したことがある同11位のフィジーは、オーストラリアとは好ゲームを繰り広げたものの、ウルグアイにはまさかの敗戦を喫してここまで2戦2敗。憔悴しきったフィジーがどこまで立ち直っているか? フィジーの精神状態がこの日の勝負を大きく左右すると見られていた。

しかし、蓋を開けてみると、それは全くの杞憂だった。特に後半は、エンジン全開。雨模様だったにも関わらず、花園に集まった多くの観客が、世界のラグビーファンを魅了してやまないフィジー劇場を存分に楽しんだ。

序盤は、静かな戦いだった。得意のオフロードは使わず、オーソドックスな攻撃でジョージアを崩そうとするフィジーと、粘り強いディフェンスでその侵略を食い止めるジョージア。試合が動くまでには20分近くもかかった。

先制したのはフィジー。前半19分、ハーフウェイ付近でパスを受けたSOベン・ヴォラヴォラが左タッチライン際に絶妙のゴロキック。そのボールをWTBセミ・ラドラドラが拾い上げ、CTBワイセア・ナヤザレブに繋いでトライ。ゴールも決まって7-0とした。

一方、ジョージアは、ディフェンス面での健闘は目立ったが、ボールを獲得してもなかなか前に進めず。前半34分にPGで3点を返すのがやっとの状態。両チームとも天候同様、もやもやが晴れないまま、前半は7-3で折り返した。

ところが後半になって、いきなりフィジー劇場の幕が上がる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ