人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年9月12日

大東文化大学、拓殖大学に黒星。次戦も強敵・日本大学との正念場。ラグビー関東大学リーグ戦

ラグビーレポート by スポーツ大東編集部
  • Line

写真:試合後喜び合う拓殖大の選手たち

2年ぶりのリーグ戦優勝を目指す大東文化大学(昨年2位)が、昨年6位でリーグ戦を終えた拓殖大学に敗れた。

昨年のリーグ戦では東海大学との直接対決に敗れ、大東大は2位。その雪辱を果たしてリーグ戦優勝、そして大学選手権での日本一を掲げていたが、春季大会では4敗1分、Aグループ最下位と苦しんだ。

9月1日に長野・菅平サニアパークで行われた初戦の専修大学戦では、33-26と僅差ながらも大東大が上回り、リーグ戦を白星発進。しかし、2戦目の拓殖大戦では、試合終了間際にトライを許し逆転負けを喫した。

J SPORTS 番組情報

  • 大学ラグビー

    関東大学対抗戦、関東大学リーグ、関西大学リーグ戦 注目試合を放送! J SPORTSオンデマンドでは全試合配信!

先制は前半11分、大東大が春夏を通して強化を図ったスクラムから、HO(フッカー)小泉友一朗(4年=御所実業)がトライ。

続く20分、大東大はキックを多用した攻撃を展開。インゴールに転がり込んだボールを、FB(フルバック)鈴木匠(3年=札幌山の手)が拓殖大選手と競り合いながらもグラウディング。

一時は拓殖大に追いつかれるも、前半終了間際にSO(スタンドオフ)高本海斗(3年=大阪桐蔭)がペナルティゴールを成功させ、前半を3点リードの17-14で折り返す。

後半に入り、お互い激しい攻防が続いたが、決定機はなかなか訪れず。後半20分、大東大は拓殖大にペナルティを献上。トライを奪われ、遂に逆転を許す。

25分には鈴木がラインブレイク。拓殖大ディフェンスを突破しトライをもぎ取るが、試合終了間際に再びトライを奪われ、22-26でノーサイドとなった。拓殖大選手は跳び上がって喜び、興奮冷めやらぬなか帰途についた。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ