人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年9月6日

初戦は立ち上がりに苦しんだ早稲田大学、次戦は青山学院大学と対戦。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

タックルを受けながらも前進するフランカー大崎哲徳(文構2=東京・国学院久我山)

前節、早稲田大学は関東大学対抗戦の初戦で、日本体育大学に勝利。初戦特有の緊張感からか前半はミスが目立ち、低調な立ち上がりになったが、後半を無失点に抑えて相手を突き放した。

日本一に向けて好スタートを切った早大フィフティーンの次戦の相手は青山学院大学。その先に控え、キーポイントとなる筑波大学戦に向け、内容にこだわり、確実に勝利を収めたい。

関東大学対抗戦、関東大学リーグ戦、全ての開幕試合となった日体大戦では、浮き足立った立ち上がりになり、開始2分にトライされ先制点を奪われた。

以降もペナルティを取られるシーンだったり、パスがつながらなかったり、連係ミスが目立ち、苦しい時間が続く。

取って取られての展開が続く中、突破口になったのは前半30分、相手ボールスクラムから展開されたボールを、SO(スタンドオフ)岸岡智樹(教4=大阪・東海大仰星)がインターセプト。そのままインゴールを駆け抜けた。

このトライから早大ペースに。「途中からはシンプルなプレーでゲインを取りにいこうとして、テンポが出た」とフランカー幸重天副将(文構4=大分舞鶴が振り返ったように、タテに強く出るプレーから得点を重ね、35-10で後半へ。

勢いに乗った早大は後半、スクラムやモールを強みに得点差を伸ばしていく。長野・菅平合宿でディフェンス中心に練習を重ねてきた成果を発揮し、後半は無失点に抑え、68-10で勝利を手にした。

対する青学大。早大より1日遅れでシーズンをスタートさせた。初戦の相手は慶應義塾大学。FW(フォワード)戦では完敗したが、幾度となくディフェンスで粘りを見せ、慶大の反則を誘う。

特にノットリリース・ザ・ボールのペナルティ奪うなどブレイクダウンでの攻防に奮闘が見られた。アタックでは、NO8(ナンバーエイト)下里雄大主将(青学大)のボールキャリーから、何度も慶大ディフェンスラインを突破していた。

また、両WTB(ウィング)には快足ランナーが揃う。慶大戦では得点を奪うことはできなかったものの、青学大のスピーディーな攻撃には警戒が必要だ。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ