人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年9月5日

快勝スタートの明治大学、次戦・成蹊大学相手に4年連続の完封勝利を狙う ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

写真:先制トライを挙げた雲山

4年ぶりの対抗戦優勝へ好発進を決めた。令和初の対抗戦は史上初めてラグビーの聖地・菅平で開催。明治は初戦で国立大の強豪・筑波大学と相対した。

夏合宿中盤に行われた慶應義塾大学との練習試合は、46-54でまさかの敗戦。Aチームメンバーが中心となった1、2本目の合計に至っては17-49。直前に迫った対抗戦開幕へ向け、不安を残す結果となった。

J SPORTS 番組情報

  • 大学ラグビー

    関東大学対抗戦、関東大学リーグ、関西大学リーグ戦 注目試合を放送! J SPORTSオンデマンドでは全試合配信!

しかし、「トライを取られた後の切り替え」(右WTB/ウイング山村知也・営4=報徳学園)を重視した今回の試合では、夏合宿の鍛錬の成果を大きく示すこととなる。

試合開始早々、敵陣10mでのマイボールラインアウトのからBK(バックス)に展開すると、山村が右サイドをブレイク。FB(フルバック)雲山弘貴(政経2=報徳学園)がパスを受けそのまま先制トライを挙げる。

幸先よく先制するが、その後は流れをつかめない時間が続く。「我慢できず、強いプレーで取りきれなかった」(SO/スタンドオフ)山沢京平・政経3=深谷)。20分近く敵陣でプレーするも追加点を奪うことはできなかった。

前半23分、26分と立て続けにトライを許し、逆転を許す。しかし、この日の明治はすぐに切り替えた。

「相手が外を警戒し始めたことで、内側が空いた」(右CTB/センター森勇登・政経3=東福岡)。

33分には森が巧みなステップで敵陣中央を突破し、そのままグラウンディング。すぐさま逆転して見せた。その後も右LO(ロック)箸本龍雅がトライを決め、26-12で折り返す。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ