人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年8月30日

京都産業大学、大西監督ラストイヤーに大学日本一を目指す。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 京産大アスレチック
  • Line

写真:スクラムを指導する大西監督

「ここから這い上がるのが京産やから」

大西監督は少し笑いながらそう言い、宿舎へ向かった。シーズン前最後の試合として重要視していた中央大学との練習試合(夏合宿、8月22日)に40-42で敗れた。接戦に持ち込むも、勝つことができなかった。

今年は40年以上監督を務めた大西監督が勇退するラストイヤー。特別な年となる。キャプテンは1年から試合に出続けているLO(ロック)伊藤鐘平(札幌山の手)だ。

監督曰く、人選は「順当以上」。伊藤主将は2015年ワールドカップに出場した伊藤鐘史(現・京都産業大学ラグビー部コーチ)の16歳年下の弟。

小さい頃から赤紺軍団を身近に感じ、大西監督のもとで日本一を目指すために京産大に来た。

大西監督に恩返しするため大学日本一を誓うチームの中でも、人一倍闘志を燃やす。キャプテンとしてラインアウトを始め、様々な局面でリーダーシップを発揮する。

チームの目標は一貫して「大学日本一」。大学選手権は過去何度も4強まで進んだが、その度に強豪に跳ね返されてきた。今年こそ壁を破り、大西監督の花道を飾りたい。

そのためのステップとして、伊藤主将は「大きな目標に挑む時こそ足元を見て段階を踏むことが大事。まずは関西で力をつけていきたい」と語る。大西監督も「まずは関西初戦。そこだけを見てやっていく」と強調する。

自身がラストイヤーということに関しては、「自分の事情で選手に何かということはない。いつも通り大学日本一を目指してやっていくだけ。そこは変わらない」とスタンスを崩さない。

今季、春シーズン序盤は順調だった。昨年の全国準優勝天理大学に僅差で敗れるも、同志社大学には勝利。関西学生春季トーナメントでも近畿大、立命館大に連勝して決勝に進んだ。

1年生の家村健太(流経大柏、SO)が司令塔に抜擢され、同じく1年生の福西隼杜(報徳学園、FL)はU20日本代表に選出されるなど、新戦力も台頭した。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ