人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年8月2日

9月の日本でも活躍が期待されるパシフィック・ネーションズカップの注目選手

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

現在、パシフィック・ネーションズカップが行われているが、多くの選手がそのまま9月の日本にもやってくるはずだ。今回はパシフィック・ネーションズカップ出場国から、ワールドカップでも活躍が期待される注目選手を紹介してみたい。

※キャップ数は7月29日現在

シアレ・ピウタウ(トンガ)

生年月日:1985年10月13日
ポジション:CTB(センター)
身長185cm、体重97kg
代表キャップ:35(2011年、15年ワールドカップ出場)

かつてヤマハでプレー。突破力とキャプテンシーに長けたCTB

2012年度から2016度年までヤマハ発動機ジュビロに在籍し、54試合に出場したCTB。パワフルかつフットワークに優れた選手で突破役として活躍し、2014年度の日本選手権優勝にも貢献したこともあり、日本での知名度も高い。

ニュージーランドのオークランドでタクシー運転手の父と看護師の母の間に生まれた。ハイランダーズでトライゲッターとして活躍した後。2016年には期限付きでイングランドのワスプスにも在籍。

2011年、2105年のワールドカップではトンガ代表として予選プール全試合に出場し、現在はトンガ代表のキャプテンを務めている。ヤマハ発動機を経て、2017年からはブリストルに移籍した。愛称は「アレ」。トンガ代表として、再び日本でピウタウのプレーが見られることを楽しみにしているファンも多いはずだ。

◆10人兄弟で弟・チャールズはオールブラックスでも活躍、2013年に行われた日本代表戦にもWTBとして出場し、現在は兄と同じブリストルでプレーしている。日本にいたときは、4人の子どもも奥さんも磐田を気に入っていたという。今年の4月に最愛の妹を病気で失くすという不幸に見舞われたが、気丈にも共同キャプテンとしてトゥイッケナムで行われたバース戦に出場した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ