人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年7月25日

ワールドカップ前の超弩級マッチ。ニュージーランド×南アフリカ。ザ・ラグビーチャンピオンシップ2019

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line
ニュージーランド vs. 南アフリカ

◆ニュージーランド×南アフリカ
◆「ザ・ラグビーチャンピオンシップ2019」第2節/7月27日(土)/ウエストパック・スタジアム(ニュージーランド、ウェリントン)
◆1勝同士のビッグマッチ。ワールドカップ日本大会ではプールB所属のライバル。

7月20日(土)に開幕した南半球4か国対抗戦「ザ・ラグビーチャンピオンシップ(TRC)」は、1勝同士のビッグマッチを迎える。

今秋のワールドカップ(W杯)日本大会で3連覇を目指すニュージーランド代表“オールブラックス”と、昨年3月にラシー・エラスマスを新指揮官に迎えて復調している南アフリカ代表“スプリングボクス”だ。

両軍はともに開幕節で勝利。例年はホーム&アウェイのTRCだが、ワールドカップを控える今年は1回戦総当たりの全3戦。この日の勝者が大会王者となる可能性は高い。

また両雄は9月20日(金)開幕のワールドカップではプールBに所属しており、開幕翌日(21日)にいきなり横浜国際総合競技場で対戦する。まさにワールドカップの前哨戦だ。

ニュージーランドは先週の開幕節で、アルゼンチンに20-16の辛勝だった。

ホームのアルゼンチンは後半ラストプレーのラインアウトモールを防がれてしまい、29度目の挑戦でもオールブラックス戦初勝利は叶わなかった。

アルゼンチン戦の黒衣軍メンバーは、2019年のスーパーラグビー・クルセイダーズでブレイクした22歳、WTBセブ・リースなど23人中5人が初キャップ。底上げやセレクションの思惑が見えた。

南アフリカ戦のメンバー23人は、NO8キアラン・リード主将も登場するなど、先週と比べてやや“本隊”の印象もある。

ただ、SOの1番手であるボーデン・バレットがFBを務め、ハーフ団がTJペレナラとリッチー・モウンガ。いずれも同ポジションで経験豊富だが挑戦的な要素もある。

アルゼンチン戦からの先発変更は15人中12人(FW7人、BK5人)だ。

連続のスタメンはLOブロディ-・レタリック、WTBベン・スミス、FBボーデン・バレットの3人のみとなっている。

ニュージーランド代表 南アフリカ戦メンバー

【フォワード】PRジョー・ムーディ/HOコーディー・テイラー/PRオーウェン・フランクス/LOブロディ・レタリック/LOサム・ホワイトロック/FLシャノン・フリゼル/FLマット・トッド/NO8キアラン・リード

【バックス】SHペレナラ/SOリッチー・モウンガ/WTBリーコ・イオアネ/CTBソニ-ビル・ウィリアムズ/CTBジャック・グッドヒュー/WTBベン・スミス/FBボーデン・バレット

【リザーブ】デーン・コールズ/オファ・トゥウンガファシ/アンガス・タアヴァオ・マタウ/ヴァエア・フィフィタ/ダルトン・パパリィ/アーロン・スミス/アントン・リエナートブラウン/ジョージ・ブリッジ

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ