人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年7月17日

カップ戦の1位通過は? 大阪では熱戦必至のNTTダービー。トップリーグカップ2019

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line
NTTドコモ vs. NTTコム

◆NTTドコモ×NTTコム
◆トップリーグカップ2019プール戦第5節/7月19日(金)/万博記念競技場(大阪)
◆プールBの1位通過に絡む「NTTダービー」が大阪で開催。

「トップリーグカップ2019」のプール戦は第5節(最終節)に入り、大阪ではプールB所属のNTTドコモ(2勝2敗)とNTTコム(3勝1敗)による「NTTダービー」が行われる。

まずは各プールの首位争いを確認しておこう。

プールAは7月19日(金)に全勝対決がある。1位サントリー(勝点20)と、2位パナソニック(勝点19)だ。この大一番の勝者が、8月4日開幕の4強トーナメント(プレーオフ)に駒を進める。

プールBの首位争いは、4戦全勝の1位東芝(勝点18)、2位NTTコム(勝点15)に絞られている。

プールCでは、クボタ(勝点23)がプレーオフ一番乗りを決めている。2位キヤノンとの勝点差は「7」であり、1試合の最大勝点である「5」を重ねても逆転は不可能となった。

プールDは3チームにチャンスがある。4戦全勝の1位神戸製鋼(勝点18)、ともに1敗の2位近鉄(勝点14)、3位NEC(勝点14)がせめぎ合う。

今週金曜に大阪で行われるNTTダービーだが、2勝2敗のNTTドコモは勝点10で、プレーオフ進出の可能性はない。プール戦は開幕2連勝から2連敗を喫した。

しかしチームにとっては年内最終戦。9月20日にはワールドカップ日本大会が開幕。新シーズンは2020年1月にスタートする。

マイケル・ブリューワーHC(ヘッドコーチ)は、チームはカップ戦後に「9月8日まで休暇を取る予定」と語った。約2か月間のオフに入るわけだ。

つまり選手にとっては、今週末が春シーズンの集大成。しかもNTTコムとのダービーマッチであり、試合の強度はおのずと高くなるだろう。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ