人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年6月24日

アルゼンチンのジャガーズ、「意図したことができた試合」で初のベスト8突破。スーパーラグビー

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

スーパーラグビーもプレーオフを迎えた。レギュラーシーズンの各カンファレンス1位の3チームと、総合順位で上位に入った5チームの計8チームでのトーナメントが行われ、優勝を争う。

先週末には準々決勝が行われ、6月22日(土)は、南アフリカカンファレンス首位、アルゼンチンのジャガーズと、総合7位でニュージーランドカンファレンス3位、優勝2回を誇るチーフスがアルゼンチンのブエノスアイレスで激突した。

ジャガーズは今年のレギュラーシーズンは11勝5敗、堂々の南アフリカカンファレンス首位で昨年に引き続きプレーオフに進出し、初のベスト4入りをかけた戦いとなった。

リーグ戦最終戦となったサンウルブズ戦から、LO(ロック)グイド ペティ・パガディザバル、CTB(センター)マティアス・オランド、WTB(ウィング)セバスティアン・カンセジエレの3人を除く12人の先発メンバーを入れ替え。

代表でキャプテンを務めるHO(フッカー)アグスティン・クレービーをはじめ、全員がアルゼンチン代表候補という強力な布陣で臨んだ。

一方、レギュラーシーズン序盤は4連敗で一時は最下位だったチーフスは、終盤粘りの追い上げを見せ、最終戦ではレベルズ(オーストラリア)に59-8とボーナスポイントを獲得して勝利し、8強に滑り込んだ。

レベルズ戦からCTBアントン・レイナート ブラウンを13番から12番に移動させ、アレックス・ナンキヴェルに代えてトゥムア・マヌを13番で先発させた以外はメンバーを変えることはなかった。

ナンキヴェルは膝の負傷の具合が心配されたが、メディカルチェックをクリアーしてベンチ入り。そのため日本代表候補WTBアタアタ・モエアキオラは残念ながらメンバー外となった。

試合は、プレーオフ初勝利へ向けて気合十分のホームのジャガーズがいきなり得点する。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ