人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年6月14日

明治大学、全勝優勝を懸け『不気味な相手』日本大学と対戦。ラグビー関東大学春季大会Bグループ

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

完全優勝へ。残すところあと一戦だ。5月26日に行われた前節の法政大学戦はメンバー層の厚さを見せつけ、71-14と大勝した明治大学。

先週は15年ぶりに大分県で開催された令和初の『明早戦』に挑んだ。試合は29-14で勝利を収めるが「テーマは達成できなかった」(左WTB/ウイング)山崎洋之・法4=筑紫)。

『ハイクオリティ』をテーマに掲げ挑んだ試合だったが、課題の残る一戦となった。

明早戦は序盤から動き出した。前半2分、左CTB(センター)齊藤大朗(商3=桐蔭学園)がラインブレークを見せる。

その後、フェーズを重ねSO(スタンドオフ)花村海斗(法3=名古屋)からパスを受けた左LO(ロック)片倉康瑛(法3=明大中野)が、ノーホイッスルトライを決めた。

続く13分には、左サイドでボールを受けた右WTB山村知也(営4=報徳学園)がライン際を駆け上がる。ステップで相手ディフェンスをかわし、インゴール左にグラウンディング。「感覚で押し切ることができた」(山村)。

後半に入るとFW(フォワ―ド)のアタックでゲインを重ね、右LO箸本龍雅(商3=東福岡)のトライで19-7とする。このまま勢いに乗りトライを重ねるかに思われたが、その後は早稲田大学のディフェンスに苦戦。

写真:雲山はスピードを生かし2トライ

トライチャンスをモノにできない展開が続く。25分には敵陣深くでのパスをインターセプトされてしまい、相手WTB加藤皓己に独走トライを献上。5点差まで詰められてしまう。

しかし、ここは昨年度王者の意地か。簡単に逆転は許さなかった。後半30分にFB(フルバック)雲山弘貴(政経2=報徳学園)がトライを挙げると、続くチャンスでも再び雲山がトライ。最終的に29-14と点差を広げノーサイドとなった。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ