人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年6月14日

帝京、春の優勝を掛け、早稲田との最終戦に臨む。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 帝京スポーツ新聞部
  • Line

6月、悔しい思いをさせられた明治大学戦、そして、主将の本郷泰司(4年=京都成章)が帰ってきた立命館大学戦を終え、帝京大学は春シーズン最終戦となる早稲田大学戦に臨む。

J SPORTS 番組情報

  • 大学ラグビー

    J SPORTS では「ラグビー関東大学春季大会」「ラグビー関西大学春季トーナメント」をJ SPORTS オンデマンドで配信します。

6月2日(日)、千葉県成田市で行われた「成田ラグビーフェスティバル」。メインとして組まれたカードは、悔しい思いをさせられた明治大学との対戦だった。試合は17-35で敗戦。今季も明治に敗れてからのスタートとなった。

試合開始前、帝京大はいつにもまして長い時間をかけて円陣を組んでいた。昨年の明治との対戦の影響がかなりあっただろうか。チームのみんなで思いをひとつにしてから試合に臨むためだろう。

ゲームではスクラムが押される場面が目立った。スタメンで唯一の4年生のPR(プロップ)北隼人(4年=筑紫)は「スクラムで受けてしまった。(明治のスクラムは)普通に組んでこなかった。帝京大の3番よりに組んできた感じ」と印象を語った。

また、北はこの試合、唯一の4年生スタメンとして出場。「例年なら4年生が多くいるが、今年は少ない」と危機感を持った。

J SPORTS オンデマンド番組

8日(土)、滋賀・大津で行われた「滋賀県ラグビー祭」での立命館大戦は24-14で勝利。この試合、なんといっても大事なことは、主将の本郷が帰ってきたことだ。

1月2日の大学選手権準決勝の天理大戦で左肩を亜脱臼した。そこから5か月ぶりの試合となった。試合中は仲間がトライを挙げるとすぐに駆け寄り、称賛の声をかけていた。

写真:ケガから復帰した本郷

自身も80分間フル出場し、久しぶりの地元での試合を楽しんでいるようだった。試合後にはサイン会や記念撮影などにも気さくに応じていた。

試合後、本郷は「けがから復帰して今日が久しぶりの試合。『やってやろう!』という気持ちで臨んだ。試合勘はまだ戻っていない部分が多かったが、自分にできることはできたんじゃないかと思う」。

また、本郷の父である秀具(ひでとも)さんも観戦に訪れていた。秀具さんは「ひたむきに、あきらめることなく、チャレンジしてほしい」とエールを送った。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧