人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年5月30日

帝京、東海大学に今季初黒星。今週末は昨季全敗の明治大学と成田で対戦。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 帝京スポーツ新聞部
  • Line

試合に敗れ悔しさを表す帝京大

5月26日、風が抜けない甲府盆地に位置する山梨中銀スタジアム。この日は「UTY山梨招待ラグビー」と位置づけられ、帝京大学vs.東海大学戦の他にも、トップチャレンジの試合やラグビー教室なども行われていた。

関東大学春季大会の第4戦目を迎え、ここまで無敗の帝京大は同じく無敗の東海大との対戦。このゲームに勝利すると2年ぶりの優勝に大きく近づく。

王座奪還を目指す帝京大にとって重要なゲームで、気温30度を超える猛暑日の中、選手たちは80分、戦い続けた。

J SPORTS 番組情報

  • 大学ラグビー

    J SPORTS では「ラグビー関東大学春季大会」「ラグビー関西大学春季トーナメント」をJ SPORTS オンデマンドで配信します。

校歌斉唱をし、気合い充分の帝京大。帝京大のキックオフで試合が始まった。だが、いきなり先制を許した。

帝京大のペナルティが2本連続で続き、ゴール前5mの位置まで東海大に前進される。ラインアウトからモールを組まれ、トライを奪われた。

しかし、帝京大は23分、SO(スタンドオフ)北村将大(3年=御所実)が「しっかり前を見てプレーすることを意識した」と相手選手をパスフェイントでひっかけ、抜け出すと2対1の状況が作られた。

落ち着いてHO(フッカー)李承爀(3年=大阪朝鮮)がパスを受け、トライ。FB(フルバック)奥村翔(3年=伏見工)のゴールも決まり同点に追いついた。

J SPORTS オンデマンド番組

ウォーターブレイクを挟み30分、スクラムから素早く供給されたボールがCTB(センター)岡村晃司(3年=御所実)へと渡り、強烈なハンドオフで相手選手を弾き倒した。そのままインゴールへと持ち込み、トライをあげる。

34分にはFL(フランカー)安田司(3年=常翔学園)がラインアウトから抜け出し、相手選手に思いっきりヒットし相手をはじき飛ばし、インゴールに持ち込んだ。前半に両チームさらに1つずつトライを追加し、26-12でハーフタイムを迎えた。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧