人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年4月27日

サンウルブズ、スーパーラグビーで初の完封負け

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

ホームで相手の勢いを止めることができず完敗に終わった。

4月26日(金)スーパーラグビー第11節、先週に引き続きヒトコミュニケーションズ・サンウルブズは、ホームの東京・秩父宮ラグビー場で、ニュージーランドの強豪で、2015年の優勝チームであるハイランダーズを迎えた。

小雨が降っていたものの、先週に続いての金曜ナイターでの開催に1万3423人のファンが集った。

サンウルブズは前節ハリケーンズに前半リードしながらも後半逆転されて23-29と敗戦。2勝7敗、総勝ち点11でオーストラリアカンファレンス5位。

一方のハイランダーズも、先週はホームで同じニュージーランドのブルーズに24-12で勝利したが、引き分けを挟んだ5連敗が響き、これまで3勝1分5敗とニュージーランドカンファレンス4位でプレーオフ進出に向けて苦戦していた。

また、サンウルブズにとってハイランダーズは、浅からぬ縁のあるチームだった。

トニー・ブラウンヘッドコーチ(HC)が現役時代にプレーし、2017年には指揮官を務め、先発のハーフ団SH(スクラムハーフ)田中史朗、SO(スタンドオフ)ヘイデン・パーカー、リザーブに入っていたCTB(センター)ジェイソン・エメリーらも過去に在籍。

また、現日本代表のジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)は、2015年にハイランダーズをスーパーラグビー初優勝に導いた指揮官だった。

サンウルブズはゲームキャプテンを務める予定だった、やはり元ハイランダーズのFL(フランカー)ダン・プライヤーがケガの影響で急遽欠場。

ゲームキャプテンLOトンプソン

代わって、今年38歳でスーパーラグビーデビューを果たしたLO(ロック)トンプソン ルークがゲームキャプテンを務めた。また、日本代表候補合宿から合流したHO(フッカー)堀江翔太、SO田村優がベンチから出場機会をうかがった。

対するハイランダーズは、かつてサンウルブズSH田中のチームメイトでライバル、オールブラックス82キャップのSHアーロン・スミスが先発。

また、共同キャプテンのFLルーク・ホワイトロック、HO(フッカー)リアム・コルトマンらいった、オールブラックス経験のある強力なメンバーが名を連ねた。

リーグ戦も残り7試合。ともに上位進出のために何としても勝ちたいゲームだったが、特にサンウルブズにとってはファンに今シーズン、ホーム初勝利をプレゼントすべく臨んだ。

アタックは相手の激しいタックルに寸断された

ただ、試合開始から気迫で上回っていたのはハイランダーズだった。サンウルブズはアタックでは相手のタックルに攻撃が寸断され、ディフェンス、接点でも後手に回ってしまった。

サンウルブズはスクラムでのコラプシングをきっかけに自陣に攻め込まれると、前半5分、昨シーズン神戸製鋼でも活躍したLOトム・フランクリンにトライされ、ハイランダーズに先制される。SOジョシュ・イオアネのゴールも決まり0-7。

さらに相手の攻撃は止まらず、その後も12分にはボールを奪われ、PR(プロップ)ティレル・ロマックス、14分にはオフサイドの反則から展開されWTB(ウィング)テヴィタ・リー、20分にはSOイオアネにと3本立て続けにトライを決められてしまい、0-26と大量リードを許してしまう。

前半のうちにトライを返し、なんとか立て直しを図りたいサンウルブズだったが、今日の試合は自分たちのミスも多く、なかなかチャンスを作ることができない。

そんな中、32分、ハイランダーズのラインアウトモールからHOコルトマンにトライを与えて、結局0-33で前半を折り返す。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ