人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年4月26日

帝京大学、『挑越』する今季。初戦の流経大戦に臨む。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 帝京スポーツ新聞部
  • Line

10年ぶりに笑って終わることができなかった。昨年の悔しさはもう味わいたくない。日本一の座に返り咲くぞ。

昨シーズンの最終戦、大学選手権での天理大学戦は、21-7で敗戦。前半6分にSO北村将大(3年=御所実)が負傷退場したことや、天理大学の屈強な外国人留学生に何度もタテへの突破を許したことなど、これまでにない攻め込まれた試合を経験した。

また、昨シーズンは初戦から躓いていた。2018年4月29日に行われた春季大会での明治大戦では14-17で惜敗した。前半7分に大外まで展開され先制を許し、前半を7-10で折り返す。

意地を見せたかった後半、最初のトライは帝京だった。奥村翔(3年=伏見工)が好ゲインを見せると、最後はニコラス・マクカラン(3年=ハミルトンボーイズ)へ繋がりトライ。

しかし、試合終了間際の後半40分、ゴール前でFW(フォワード)の連続攻撃から押し込まれトライを許し、ノーサイドを迎えた。

昨年度の悔しい想いを経験した選手たち。その選手たちから今シーズン、新主将に抜てきされたのは、本郷泰司(4年=京都成章)だ。

新主将の本郷

本郷は新チームが始動してからのチームの状態を「昨年、天理大学に敗れ、10連覇を逃したことが悔しかった。例年は2・3月の試合のない時期の練習の雰囲気は良くなかったが、今年は悔しさからいい雰囲気で練習ができている」と語り、チームの雰囲気も例年よりも良いと自信を持っている。

また、4年生にとっては今年が優勝するラストチャンスだ。これまで1・2年時は優勝(8・9連覇)したが、3年時はベスト4に終わった。勝った喜びと負けた悔しさ。両方を兼ね備えている選手たち。そして本郷ら4年生が定めた今季のスローガンは

「挑越」

「挑」は「昨年まではチャンピオンチームとして王座を守る立場にいたが、今年はチャレンジャーとして、挑む年でもある」。「越」は「昨日の自分を越える。明日の自分を越えていく。そして向かってくる相手を越えていく」 だ。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ