人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年4月24日

2年連続ファイナルで激突したクルセイダーズ、ライオンズが火花!スーパーラグビー2019

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line
クルセイダーズvs.ライオンズ

◆クルセイダーズ(ニュージーランド)×ライオンズ(南アフリカ)
◆スーパーラグビー2019第11節/4月26日(金)/AMIスタジアム(ニュージーランド)
◆2年連続でクルセイダーズに優勝を阻まれているライオンズ。3度目の正直となるか。

2017年、2018年のスーパーラグビー(SR)ファイナルの再戦だ。

5勝4敗のライオンズが、7勝1分1敗の2連覇王者クルセイダーズの本拠地へ乗り込み、第11節を戦う。

ライオンズにとっては宿敵だ。2016年のプレーオフ初戦こそ勝利(42-25)したが、2017年から2年連続ファイナルで苦杯(17-25、18-37)を喫し、悲願の初優勝を2度も阻まれている。

しかしクルセイダーズにとって、ライオンズが“ライバル格”かどうかは微妙だろう。

今季のクルセイダーズは第5節ハイランダーズ戦の前日、3月15日に地元クライストチャーチで銃乱射テロ事件が発生、かつてないシーズンを送っているが、ここまで7勝1分1敗と白星を重ねる。

唯一の引き分けは銃乱射事件を受けてノーゲームとなったハイランダーズ戦。唯一の敗北はその翌週のワラターズ(オーストラリア)戦だ。

現在の王者の勝ち点は「34」でリーグトップ。2位ハリケーンズ(ニュージーランド=NZ)と勝ち点差が「7」もあり、独走状態と言ってよいだろう。

一方、3年連続準優勝であるライオンズだが、今シーズンは苦戦が続いており白星は5つ。勝ち点は「22」で、南アフリカ・カンファレンス2位につけている。

ただ同カンファレンスは、1位ブルズ(勝ち点23)から5位ストーマーズ(勝ち点19)までが「勝ち点4以内」におさまるという“超ダンゴ状態”。

クルセイダーズが独走状態にあるNZカンファレンスとは対照的に、予想が難しい混戦となっている。

そんな猛レースを勝ち抜くため、そして例年と比べ低調なチームに自信を与えるために、ライオンズが是が非でも勝ちたいのが今回のクルセイダーズ戦だろう。

ライオンズのラインアウト成功率は91.2%(リーグ4位)、スクラム成功率は93%(リーグ4位タイ)であり、チームの欠かせぬ土台となっている。

ただそのセットピースを支える大黒柱、HOマルコム・マークスは南アフリカ代表の方針により欠場。スローイングにも定評のあるベテランのロビー・クッツェーが入った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧