人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年4月22日

同志社、関西学院を圧倒し大差の完封。ラグビー関西大学春季トーナメント

ラグビーレポート by 同志社スポーツアトム編集局
  • Line

4月21日(日)、関西学院大学第2フィールド(兵庫県)にて行われた、関西大学Aリーグ春季トーナメント1回戦の同志社大学vs.関西学院大学。

序盤から同志社のペースで試合は展開し、69-0で完勝。第109代同志社ラグビー部は白星発進となった。

序盤はオフサイドやノックオンでペナルティが多発するも、セットプレーでは同志社が圧勝。特に今試合のスクラムは輝いていた。

相手のファーストスクラムからターンオーバーに成功すると、左サイドのWTB(ウィング)西村が、大外にいたFL(フランカー)中尾へパスを出し先制トライ(5-0)。2019年度の紺グレ1号は昨年と同様、中尾の一発となった。

だが10分、苦戦を強いられる展開に。関学大がインゴール前のラインアウトからモールを形成。この危ない局面を乗り切りるも、その後も関学大の持ち味である展開ラグビーに翻弄された、だが、迫り来るアタックをFL堀部を中心に防いだ。

攻防を経て同志社は、関学大のスローフォワードでペナルティキックを獲得。敵陣22mのラインアウトから古城がボールを受けると、アタックをかわし横に走り込んできたCTB(センター)江金がトライを決めた(12-0)。

トライを決めた江金と喜ぶSH(スクラムハーフ)人羅

その後もFW(フォワード)陣の活躍が目覚ましかった。NO8(ナンバーエイト)服部のボールキャリー力、FL堀部の突進で関学大陣内へ侵入。

そして、HO(フッカー)橋本、PR(プロップ)栗原、FL大熊が続けてトライに成功、FW陣がフィールドを駆け巡った。前半で33点差とし、後半へと折り返した。

後半開始直後は拮抗した展開が続いた。「激しいディフェンス、ディフェンスの上げが速いという印象」と主将・WTB(ウィング)山本が語っていた関学大の印象がまさに的中。

前半と比べ、攻め込めず、停滞する時間が続いた。関学大の展開ラグビーが息を吹き返してきた。

しかし、その悪い流れを断ち切ったのは途中出場のFB(フルバック)山口。後半9分、ハイパントからボールをキャッチすると、ハーフライン付近から独走トライ(40-0)。流れを一気にたぐり寄せた。

また15分、ハーフライン中央でボールを受けたCTB江金が、相手のディフェンスに倒されるも立ち上がり、迫る相手を寄せ付けない好走を見せインゴールへ、本日2個目のトライとなった(45-0)。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ