人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年3月30日

平成最後のセンバツ開幕!「喜びと感謝を胸に、熱く激しく戦い抜きます」開会式&開幕戦レビュー

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

“平成最後のセンバツ”の火蓋が切って落とされた。

3月29日(金)、今秋のワールドカップ日本大会のために改装された新生・熊谷ラグビー場で、“センバツ”こと全国高校選抜ラグビー大会の開会式、開幕戦の1試合が行われた。

参加32チームの入場行進で始まった開会式では、前年度優勝校で、大会3連覇を狙う桐蔭学園が優勝旗を返還。選手宣誓では、埼玉・浦和高校の松永拓実主将が熱戦を誓った。

「われわれ高校ラガーマン一同は、新しくなった熊谷ラグビー場でプレーできることへの喜びと感謝を胸に、最後まで熱く、そして激しく、戦い抜きます」

「また、今年はラグビーワールドカップが日本で開催されます。一生に一度しかないこの大会をさらに盛り上げるためにも、見る人の心を動かし、ラグビーの魅力が伝わるように、一試合一試合を素晴らしいものにすることを誓います」

開会式に続いて行われたオープニングマッチでは、その松永主将が率いる開催県枠の浦和(埼玉)と、九州ブロック2位の佐賀工業が激突。肌寒い薄曇りのなか、寒さを吹き飛ばす戦いが繰り広げられた。

7大会ぶり3回目の出場となる浦和に対し、佐賀工業は7大会連続14回目というセンバツ常連。

この日の佐賀工業は、精度の高いブレイクダウンワーク、素早いテンポで、フィニッシャーである森山翔斗(2年)、日高啓輔(3年)の両WTBまでボールを展開。エリア外側で再三ラインブレイクを披露した。

先制点は佐賀工業。前半3分、抜け出したCTB勝目龍馬(2年)が、巧みなステップで相手をかわして先制トライ(ゴール成功)。

しかしキックオフ後、自陣からボールを展開した佐賀工業に対し、浦和はラックでファイトしてボール奪取。

好機からフォワードが突進を重ね、最後は選手宣誓をしたNO8松永主将がチーム初トライ。ゴール成功で7-7の同点とした。

しかし佐賀工業はここから前半だけで4連続トライ。浦和はFB髙田賢臣(3年)のトライセービングなどで粘ったが、次第にキャリアーの威力がタックル精度を上回っていった。

ラン能力に長けるSO徳永優太(2年)のほか、勝目、三良煕三郎(3年)の両CTBが脅威となり、アタックラインに加わるFL内川朝陽(2年)、ゴールキッカーも務めるNO8石川空悟主将(3年)もスコアラーになった。

佐賀工業が24点リード(31-7)で後半へ。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ