人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年3月1日

大物加入で勢いに乗るブルズを、3年連続準優勝のライオンズが迎え撃つ。スーパーラグビー2019

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

■ライオンズ(南アフリカ)×ブルズ(南アフリカ)
■スーパーラグビー2019第3節/3月2日(土)/南アフリカ・ジョハネスバーグ
■3年連続準優勝のライオンズが、2007年優勝の古豪ブルズを迎え撃つ。

ライオンズ vs. ブルズ

今季こそ初優勝を勝ち取りたい3年連続準優勝のライオンズ。しかし第2節を終え、強みであるはずのアタックに関するスタッツ(統計数値)が伸びていない。

第2節を1勝1敗で終え、トライ数はリーグ8位タイ(5)、メータキャリーは13位(428)、ディフェンス突破は14位(24)、クリーンブレイク数も14位(9)。

まだ2試合を終えたばかりだが、昨季決勝を戦ったクルセイダーズ(ニュージーランド)は今季開幕2連勝で、同スタッツでも軒並み上位。初優勝を待ちわびるファンにとっては心配な数字だ。

勝利した開幕節ジャガーズ戦(アルゼンチン/25○16)、そしてロスタイムに逆転負けを喫した第2節ストーマーズ戦(17●19)は敵地戦だった。相手の好守もあったが、攻撃力の低下が懸念される。思い当たるのはやはり昨季主力の欧州移籍だ。

今季はPRルアン・ドレイヤー、LOフランコ・モスタート、FLヤコ・クリエルの姿がない。FLクリエルは昨季負傷していたが、3者とも豊富な運動量で自慢のアタックを支えてきた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧