人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年11月6日

崖っぷちの同志社、同立戦を制しリーグ戦初白星。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 同志社スポーツアトム編集局
  • Line

11月4日、ヤンマーフィールド長居第2陸上競技場にて、関西大学ラグビー第4節、同志社大学vs.立命館大学が行われた。

同志社は負ければ大学選手権への道が完全に断たれてしまう運命の1戦だったが、結果は24-10で同志社の勝利。開幕から4戦目にして初白星をあげ、選手権への可能性を残した。

前節の関西学院大学戦での悔しい結果から、選手たちはミーティングを重ね、気持ち切り替えて試合に臨んだ。メンバーも多少の変更があり、FB(フルバック)に3年生の南野を起用し、SH(スクラムハーフ)の原田をWTBとしてリザーブに入れた。

立命館の堅いディフェンスが予想され、実際に試合中もなかなかゲインできず、逆に立命館のアタックを耐える時間も長かったが、そのピンチを1トライでしのいだのは、今回の試合の収穫となった。

同志社のキックオフから試合が開始すると、2分間キックの蹴りあいが続き、同志社が攻め、立命が守る攻防戦が繰り広げられた。

前半6分、立命館のオーバーザトップから、敵陣5mのマイボールラインアウトとなると、モールを形成しすぐにHO(フッカー)平川が持ち出してゴールライン手前まで迫る。

勢いのあるアタックが強みのSO古城

ラックからSO(スタンドオフ)古城にボールが出ると、パスは南野へ。CTB(センター)永富と古城についた立命館のディフェンスの間を抜け、ゴールライン内へ飛び込んだ。

秋の公式戦初出場の南野が、先制トライを見事に決め、チームは一気に盛り上がった。

前半10分に立命館がPG(ペナルティゴール)を決めて、3点を返されるが、勢いに乗りたい同志社は前半12分、ポイントを作りながら少しずつゲインしていき、ラックから早くボールを出して攻撃のテンポを上げていった。

敵陣22m中央のラックから古城が持ち出し右へ展開、服部からサイドラインに待つ、WTB高野へパスをつなげると、スピードに乗った高野がゴールラインまで走り抜けトライを決めた。

だが、その7分後。前半19分から同志社にとって我慢の時間が続いた。同志社のオフサイドで自陣中央ゴールライン手前での立命館スクラムとなり、同志社が反則。

立命館がインゴールまで迫るも、パイルアップで再び5mラインのスクラムとなった。しかし、ここで同志社が3回のコラプシングを犯し、PR(プロップ)栗原がシンビンで退場となった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ