人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2020年8月1日

SUPER GT第2戦プレビュー GR Supra祭りは、絶賛継続中か?

SUPER GT by 秦 直之
  • Line

GR Supra祭りは、絶賛継続中か?

まだ記憶にも新しい、SUPER GT開幕戦での「GR Supra祭り」。GT500ではKeePer TOM’S GR SUPRAの平川亮/ニック・キャシディ組を筆頭に5位までを独占し、GT300においても埼玉トヨペットGB GR Supra GTの吉田広樹/川合孝汰組が優勝を飾っているからだ。あれからわずか3週間、しかも同じ富士スピードウェイが舞台とあって、ことGT500に関しては「絶賛継続中」となるのではないだろうか。

TOM’SのGR Supraに死角はない?

500クラス、デビュー戦とは思えない、堂々且つアグレッシブな走りをサッシャ・フェネストラズは周囲にみせた

もちろんライバルも対策はしてこよう。セッティングの見直しやタイヤの選定など、考え得る範囲すべてでやってくるのは間違いない。だが、それだけで済むのか果たして……。根幹の部分でNSXやGT-Rを圧しているとなれば、ことは極めて重大だ。まして今年は変則スケジュールが採られているため、富士でのレースは4戦もある。仮にGR Supraが富士スペシャルだったとしても、得られるマージンは想像に難くない。
強いて言うならば、ウエイトハンデが及ぼす影響だが、この先は別として第2戦での影響は、そう大きくないのではないか。特にそのことはKeePer TOM’S GR Supraに限らず、au TOM’S GR Supraの関口雄飛/サッシャ・フェネストラズ組、すなわちTOM’Sの2台に当てはまりそうだ。タイヤ選択の違いで戦略も異なり、1位と2位という結果が分かれたものの、クルマのツボを、さらにタイヤも含めて、どのチームよりも心得ているのは間違いない。42kgや30kgのウエイトなど、ものともしないのではないか?
逆にGR Supra勢の中で、軽さが効くとするならば、開幕戦5位のDENSO KOBELCO SARD Supraを、もうひとつのポイントも含めて注目したい。今回もヘイキ・コバライネンが出場できないため、中山雄一のパートナーに阪口晴南が起用されたからだ。昨年はGT300で2勝を挙げて、ランキングは2位。今年も引き続き新田守男とK-tunes RC F GT3を走らせていたが、「若手にチャンスを」ということで、K-tunes Racingが快く送り出すこととなったのだ。第3戦以降どうなるか分からないが、ここでパフォーマンスを示せば、今後につながる可能性は極めて高いだろう。

中山雄一はK-tunes Racingから500クラスへのステップアップを果たした。このチャンスを阪口晴南は活かすことができるのか!?

J SPORTS 番組情報

  • SUPER GT 2020

    全戦の予選・決勝を生中継を中心に放送!

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ