人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2019年5月2日

SUPER GT第2戦プレビュー 令和最初のハイスピードバトルを制するのは誰だ?

SUPER GT by 秦 直之
  • Line

 ゴールデンウィークの真っ最中で、元号が令和に改められてから最初のレースとして、SUPER GTの第2戦が富士スピードウェイで5月3〜4日に開催される。何か記録だけでなく、記憶にも残る一戦となる予感が十分だ。岡山国際サーキットで行われた開幕戦も、記憶に残る一戦ではあった。だが、それは悪天候による波乱という意味で……。第2戦には逆の意味で、大いに盛り上がりを見せることを期待したい。



今度こそ来るか、カルソニックIMPUL GT-R!

 開幕戦は「予選のニッサン」、「決勝のホンダ」という印象が極めて強かった一方で、レクサス勢が不振を極めた一戦でもあった。予選と決勝が対照的な結果になったのは、ひとえに天候によるのだろう。それにしても3月の公式テストでパッとしなかった、ホンダ勢の快進撃は! これだからオフのテストなど、まったく当てにならない。ミッドシップに対する性能調整の対策だった、ということなのか。
 何はともあれ、予選まではニッサン勢が好調で、これは下馬評どおり。公式結果の状況とほぼ当てはまり、細かい部分の改良の積み重ねが身を結んだのは間違いない。その上で、決勝でホンダ勢に屈したのは、タイヤ選択によるところだったのではないか。あれほどの悪天候を予想しきれず硬めのウェットタイヤで挑んで、SCや赤旗のたび冷えたタイヤを、再開後にしっかり発熱させられなかったからだ。それに対して、ホンダ勢のタイヤ選択は対照的だったと考えられる。

 では、レクサス勢は? ひとつ考えられるのは、エアロパーツの高速コースへの特化だ。実際、3月下旬に行われた富士スピードウェイでの公式テストでは、レクサス勢は悪くない。走り出しとなる初日午前のテストではトップ5を独占。2日目は午前、午後ともWAKO’S 4CR LC500の大嶋和也/山下健太組がトップだった。レクサス勢の逆襲は、大いにありそうだ。

 しかし、その富士での公式テストで、最速タイムを記したのはカルソニックIMPUL GT-R。岡山の公式テストでもトップだった、佐々木大樹とジェームス・ロシターは1分38秒245を初日午後にマークしており、これが今回のターゲットタイムになりそう。思えば、開幕戦のQ1でもロシターがトップ。このチームは間違いなく、テストで手の内をすべて明かしている。

 ということで、第2戦の本命はカルソニックIMPUL GT-R。対抗がWAKO’S 4CR LC500で、大穴はテストで絶えず上位につけていた、Modulo EPSON NSX-GTのナレイン・カーティケヤン/牧野任祐組。スーパーフォーミュラでポールポジションを奪った、牧野の勢いにも賭けたいところ。
ただ、公式テストではパッとしなかったが、やはり富士ではZENT CERUMO LC500の立川祐路/石浦宏明組にも注目せずにはいられない。富士の獣道をただひとり知る存在の立川が、公式テストで牙をさらしていていなかった可能性は、大いにありそうだし……。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧