人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年6月17日

【ハイライト動画あり】プレミア初対決の神奈川ダービーは両ストライカーの競演に期待!横浜FCユース×川崎フロンターレU-18マッチプレビュー【高円宮杯プレミアリーグEAST第9節】

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

横浜FCユースがプレミアリーグプレーオフを勝ち上がり、悲願の昇格を決めたのは2019年。だが、翌2020年は新型コロナウイルスの影響で大会自体の開催がなかったため、昨年がプレミアでのデビューシーズンとなった。なお、2020年に限定リーグとして行われた『プレミアリーグ2020関東』では、並み居る強豪を抑えて見事に優勝。近年は確かな実力を兼ね備えた好チームを創り上げてきている。

一方の川崎フロンターレU-18は、プリンスリーグ関東王者として挑んだ昨年末のプレーオフを勝ち抜き、やはりこちらも初昇格を成し遂げる。現在の日本代表でも活躍を見せている板倉滉、三笘薫、田中碧を筆頭に、以前から素晴らしいタレントを輩出してきていたが、ようやくチームとしてのカテゴリーも「長い間目標にやってきた」(長橋康弘監督)国内最高峰まで辿り着いた。

お互いにボールを丁寧に動かすサッカーを志向し、攻撃的なスタイルを標榜するチーム同士。いわゆる攻め合いが予想される中で、やはりそのアタックを結果、すなわちゴールへと結び付けるタレントの存在が、勝敗を分ける大事な要素になることは間違いない。

J SPORTS オンデマンド番組情報

横浜FCユースで期待したいのは、9番を背負った守屋颯人だ。「他のフォワードと比べて身長は大きくないですけど、裏への抜け出しは相手を見ればできると思うので、そこが自分の武器です」と語るストライカーは、ゴールを奪うポイントを的確に捉える嗅覚を持ち合わせている。

プレミアEAST第6節のJFAアカデミー福島U-18戦では、その能力が輝いた。2シャドーの一角を占めるMF永田滉太朗が前を向いた瞬間に、飛び出すべきスペースを見極めると、「練習でもあのパターンはやっていて、永田がセンターバックにドリブルで仕掛けて、その空いた背後に入るということは意識していた」とスルーパスを絶妙のタイミングで呼び込む。

直後のシュートもニアサイドのゴールネットへグサリ。「自分はフォワードなので、得点を決めて結果を出すことも1つのアピールだと思う」と言い切る9番は、得意気な表情で人差し指を突き立てる。面構えも実にストライカーのそれ。ハマブルーの点取り屋に、首位撃破の願いは託されている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ