人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年12月17日

青森山田に“代役”は存在しない。みんなで勝ち獲ったプレミアEASTの戴冠 【高円宮杯プレミアリーグEAST 横浜FCユース×青森山田高校】

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

優勝を決めた直後の集合写真。今シーズンはなかなか試合出場の機会を得られなかった本田真斗が指名され、中央で「イエーイ」と両手を上げても、周囲はノーリアクション。それを見た黒田剛監督が誰よりも大きな声で笑うと、選手たちにも最高の笑顔が弾ける。左サイドバックとして終盤戦のチームを支えている小野暉が持ち前の明るさで騒げば、負傷離脱中ながらマネージャーとしてこの日のベンチに入っていた大戸太陽も、それにつられて楽しげに笑っている。

「ケガ人が多く出て、そこをサポートしてくれた他のメンバーたちも、本当に今日は凄く良い活躍をしてくれたし、チームが改めて一体となって、良い力を発揮したなと思います」。指揮官も満足そうにこう言葉を紡ぐ。みんなで勝ち獲った堂々のプレミアEAST制覇。青森山田の選手たちは、より一層高まりつつある一体感を確かに感じていた。

チームに衝撃が走ったのは高校選手権県予選決勝の3日前。不動の右サイドバックだった大戸が、膝の大ケガで戦線離脱を余儀なくされる。もちろん選手たちが受けたショックは小さくなかったが、気持ちを切り替えてファイナルの舞台に向かう。先制されたものの、きっちり逆転し、追加点となるチーム3点目を決めた松木玖生が、報道陣のカメラに向けて自らのユニフォームをめくると、そこには“2番”のユニフォームが仕込まれていた。

「試合の前の日に玖生から『ユニフォーム貸して』と言われました。アイツも点を決められて良かったですよね。決めてなかったら、ただ着ていただけになっていたので(笑)」(大戸)「太陽も落ち込むことなく自分たちのためにいろいろ準備してくれたり、良い声掛けをしてくれたので、自分だけではなくて、他の選手もかなり痛いと思っているところではありますけど、太陽のためにも今後の試合も全部勝っていきたいと思います」(松木)。太陽のために。チームに勝つべき理由が、また1つ加わった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ