人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年10月7日

【高円宮杯プレミアリーグEAST 流通経済大学付属柏高校×柏レイソルU-18レビュー】 流通経済大柏・榎本雅大監督が考える“自分らしさ”という言葉の捉え方

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

「特に僕は本田先生の後で、やっぱり流経ってこういうチームだっていうイメージがあって、『じゃあエノになってどうするの?』というのはずっと問われていたと思うんですよね。本田先生のやり方を踏襲するのが一番の筋なのかもしれないけど、それだけでは自分らしくないし、結局その“自分らしさ”を要求するんだったら、自分がまず一番最初に自分らしくやらないとというところですよね」。いつも金言を我々メディアに与えてくれる、流通経済大柏高校の榎本雅大監督。今回は“自分らしさ”という言葉の捉え方についてのお話を伺った。

日本一を狙って福井に乗り込んだ夏のインターハイ。流通経済大柏は2回戦でプレミアリーグWESTでも上位に付ける大津高校と対峙した。大会屈指の好カードとも称された一戦は、しかし0-3と流通経済大柏の完敗。試合後に榎本監督も「大津が単純に上でした。大人と子供みたいでしたよね」と率直に現状を認めつつ、「今のままじゃダメだよということです。でも、アイツらもそれは感じていると思うし、感じない連中じゃないので、こういうのを跳ね返して成長していくことが大事かな」と言葉を続けていた。

J SPORTS 放送情報

特に今年は選手たちに自主性を求めてきたが、その効果が大会直後のミーティングで如実に出たという。「インターハイに負けても全然後ろ向きなヤツがいなかったんです。ミーティングをやって、『オマエら、感じたことを言ってみろ』と聞いたら、バーッと手が挙がったんですよね」(榎本監督)

中でも指揮官はある選手が気になっていた。インターハイ直前までは主力だったものの、全国ではケガのために登録メンバーで唯一出場機会のなかった選手が、自分で自分の“ストーリー”を作っているように見えたのだ。「僕は怒ったんですよね。『その態度はねえ』って。『悲劇のヒーローみたいな顔をしてないで、チームのためにやるべきでしょ』って、ミーティングの冒頭にオレが怒ったんです」。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ